無料ブログはココログ

最近読んだ本

« ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2010(7) | トップページ | ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2010(9) »

2011年3月11日 (金)

ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2010(8)

規制された、資本集約的な事業

我々には、BNSFとミッド・アメリカン・エナジーという2つの非常に大きなビジネスがあり、これらには他の多くのビジネスと区分される共通の大きな特徴があります。したがって、我々はこの報告書の中でひとつのセクターにまとめ、GAAP貸借対象表と損益計算書からこの2社の財務統計を分けています。

この2社の重要な特徴は非常に長期間の安定化資産による巨大な投資をしていることです。それらの資金はバークシャーの保証がされていない長期借入金です。そこでは、我々の信用は必要とされていません。2社とも、非常に厳しい経営環境の時でさえ、十二分に資金要求をカバーできるほどの収益力を持っています。たとえば、景気後退の2010年には、BNSFの自動車荷積み高はピークレベルを遥かに下回りましたが、インタレスト・カバレッジは6:1でした。

2社は非常に規制されていて、主要な設備投資を絶えず続けていかなければならない必要があります。2社は、また、コミュニティや監督機関の尊敬を得るために効果的で顧客満足の高いサービスを提供する必要があります。代わりに、2社にとって将来の設備投資の際に合理的な利益を得ることが保証される必要があります。

以前に、私は、鉄道が我が国の将来にいったいどのくらい重要かをお話ししました。鉄道はマイルあたりのトン数で量られるアメリカの都市間の貨物輸送の42%を担っており、BNSFは業界全体の28%と、他のどの鉄道よりも動かしています。この小さな数字は、マイルあたりのトン数で量られるアメリカのすべての都市間の貨物輸送の11%以上がBNSFによって担われているということの証しです。西海岸への人口のシフトがあれば、我々のシェアはさらに高まるでしょう。

このすべては巨大な責任を加えています。我々はアメリカ経済の循環系の主要で重要な部分です。そして、絶えず23,000マイルに及ぶルートに沿った橋、トンネルやエンジンや車両を維持し、改良していく義務があります。これらの仕事の際に、我々は単に社会的ニーズに対応するだけでなく、今後のニーズも予想していかなければなりません。社会的義務を果たして、我々は定期的に減価償却費よりはるかに多額の費用、2011年には20億ドルに達する超過額、を費やすでしょう。私は、このような巨大な超過投資に対して適切なリターンを得ることができると確信しています。賢明な規則と賢明な投資は同じコインの裏表です。

ミッド・アメリカンでは、我々は同じような“社会契約”に参加しています。我々は顧客の将来の必要性を満たすため、総額を右肩上がりに増やしていくと考えています。その間、確実で効率的に事業を進めていけば、我々は、これらの投資に対する公正なリターンを得ることができることを知っています。

ミッド・アメリカンは全米で240万人の顧客に電力を供給し、アイオワ、ワイオミング、ユタでは最大の供給元であり、その他の州では重要なプロバイダーです。我々のパイプラインは我が国の天然ガスの8%を輸送します。数百万人アメリカ人が、毎日、我々に依存していることは明らかです。

ミッド・アメリカンは所有者(バークシャーの利息は89.8%です)と顧客の両方に優れた結果をあげました。ミッド・アメリカンが2002年にノーザン・ナチュラル・ガス・パイプラインを買収した直後、パイプライン会社としてのパフォーマンスは、業界の主導的な権威より、43社中で最後の43であるとの評価を受けました。ごく最近発表されたレポートでは、ノーザン・ナチュラルは第2位にランクされました。首位は、我々以外のパイプライン、カーン川でした。

電力事業においても、ミッド・アメリカンはこれに匹敵する記録を持っています。我々が1999年に、この事業を買収して以来、アイオワでの料金率は上がっていません。同じ期間の間、州内の他の主要な電力会社は70%以上も価格を上げて、現在の我々のものを遥かに上回る料金率になっています。2つの事業が並んで活動する、ある大都市圏では、我々の顧客の電気代は隣人ものと比べてはるかに下回る金額になっています。彼らが我々のサービスエリアにいるなら、これらの都市で比較できる家は相当高額で売られているということができます。

ミッド・アメリカンには2011年末まで2,909メガワットの風力発電が稼働しているでしょう。これは、我が国の他の電力会社よりも多いです。ミッド・アメリカンが風力発電に投資した額は、なんと、54億ドルです。ミッド・アメリカンは得た利益のほとんどを一般に還元する他の電力会社と違って、内部に留保するため、この種の投資をすることができるのです。

皆さんもお分かりのように、私はBNSFのマット・ローズ、ミッド・アメリカンのデビッド・ソコルとグレッグ・アベルにより社会に貢献できていることを、誇りに思っています。私は、彼らがバークシャーの株主に対して達成してくれたことに、誇りと感謝を持っています。関連した数字を下に示します。(数字は省略します)

« ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2010(7) | トップページ | ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2010(9) »

バフェットの手紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2010(8):

« ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2010(7) | トップページ | ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2010(9) »