無料ブログはココログ

« 苅部直「光の帝国 和辻哲郎」(8) | トップページ | 渡辺二郎「ハイデッガーの実存思想」(1) »

2011年6月20日 (月)

苅部直「光の帝国 和辻哲郎」(9)

そして、和辻は日本国内の政治や社会にも現代文明の堕落傾向を見た。一部の富裕者層によって選出された議員が党利党略によって政治を左右し、思想政策については従来の言論統制と忠君道徳注入を踏襲している現実は、和辻のデモクラシーの理想とは徹底的に相容れず、政党政治家にたいする不信の念を強めていく。従って、これ以後の和辻の政治論の第一の重点は、思想政策批判から、特権階級の改造、すなわち、普通選挙制と社会政策の実行へと移っていく。このような政治参加と生存保障の平等化とそれを政策として進める内閣のリーダーシップは強調されるが、政党は顧みられなくなっていく。それは、理想を実現する政治家のあり方として、「日本文化史」の中で、和辻は民の生存を保障する道徳的理想に基づき、全体的な見通しを持って一国の政治を担う大臣を哲人政治家の理想と説く。さらに、支配と統率の区別を説く。支配は兵力や経済的実力によって民を統制することであり、統率は民の福祉要求を実現して指導者としての信頼を集めることである。統率が十分に行われ、民の生存が保障されていて、初めて権威が生まれる。従って支配は統率の要素を含まない限り正当化されえないと主張した。現代においても大臣(内閣)のリーダーシップを通じてこそ改造が実現できるというのが和辻のメッセージだ。

さらに政治が実現すべき道の内容が人々の生存の保障に具体化されるのに応じて、天皇についての力点も移動させていく。天皇が道の理想を体現し政治家はそれを実現する義務があると強調する。これは代々の天皇が個人的信条としての道を信じていることではなく、天皇という位が、政治的理想を代表し象徴する。和辻は青年時代から生命を具体的に表す媒介として考え愛用してきた象徴の概念を使い、国民の生存を保障する理想の実行を政治家に迫る点を強調しているのである。したがって、統治権を代行する政治家は天皇からの委任という形式を踏む限り、この理想の実現に努めなくてはならない。天皇の存在は統治活動の権威にかかわり、天皇位の体現する理念を実行する限りで、政治家による支配は、正当的な統率たりえる。しかし、このように道を説いても、デモクラシーとの関係がもんだいになるはずだ。しかし、それは和辻の考慮の外にあった。デモクラシーは必然的に道の実現に結びつくものと考えられていた。

このような和辻のデモクラシー観はサミュエル・ブッチャーの『ギリシャ精神の諸相』に由来するもので、そこでは、人々は利己的な自己を捨て、真の自己を顕現させて他者との調和に生きる。政治参加の討論の過程においてロゴス=理性が輝きだし、全体の有機体的調和を生み出すのである。これは人間の調和的本性を前提に、デモクラシーが共同性を実現する側面を極めて強調したものと言えるが、和辻の人格主義の発想には極めて適合的なのであった。この人格主義の立場が理論的基礎としたのが、テオドール・リップスの『倫理学の根本問題』であった。リップスの倫理学説は心理学をすべての基礎に置く立場に基づいてカントの学説を継承したものであった。つまり、行為が正しい行為となるための字用件は、その際の客観的な道徳法則に自己の意志を従わせることであり、それは同時に自己の本性に従うことを意味するというカントの立場が踏襲されるが、その際に意志が道徳法則に従うようになるためには、それを表象するだけでは不十分で、道徳法則に対する尊敬の感情が必要である。ここまではカントも説いていることであるが、リップスこの動機づけに関して独自の心理主義的な基礎づけを行う。まず、道徳法則は人の道徳的本性の表現であり、道徳的人格の本質なのだから、道徳法則に対する尊敬は道徳的人格に対する尊敬のことであるとする。このようにリップスはカントにもまして人格を強調し、自分だけでなく他人の人格を高めることに重点を置く。その意味で人格的価値が最高の価値であるという。こうした尊敬感情を基礎づけるのが感情移入の心理作用である。すなわち、他人の喜びや悲しみに同情する作用が人間の本性に備わっている。つまり、他人の表情の外的変化を見て、その知覚像に自己の心的体験を投射することから同情が生ずる。従って他我のむ存在を知ることには、自己の二重化によるものに他ならない。このことによって、行為が道徳法則に合致しているかどうかを本人の自己判断に委ねざるを得ないという主観主義の問題を回避できることになる。しかし、ここで注目すべきは、自律道徳の峻厳さ和らげ、人と人との関係の理想的な在り方をきわめて融和的なものに描いていることである。これは、融和的な共同性に基づいたデモクラシーの理想像を見る和辻の考え方に適合的である。

« 苅部直「光の帝国 和辻哲郎」(8) | トップページ | 渡辺二郎「ハイデッガーの実存思想」(1) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 苅部直「光の帝国 和辻哲郎」(9):

« 苅部直「光の帝国 和辻哲郎」(8) | トップページ | 渡辺二郎「ハイデッガーの実存思想」(1) »