無料ブログはココログ

« 柴田寿子「スピノザの政治思想 ~デモクラシーのもう一つの可能性」(4) | トップページ | 柴田寿子「スピノザの政治思想 ~デモクラシーのもう一つの可能性」(6) »

2012年7月26日 (木)

柴田寿子「スピノザの政治思想 ~デモクラシーのもう一つの可能性」(5)

.「力の合成」論の民主的再編成

スピノザによれば民主政とは、各人が「社会」全体に対して、つまり、「自分自身がその一員であるところの全社会の大多数者」に対して、全面的に自然権を放棄することによって成立する。全員が自然権を絶対的に譲渡するのだから、誰かが自分の自然権を一部だけ留保していたり、構成員の上位に位置する第三者やそれに対する「服従」が生み出されたりすることはなく、自然状態と同様にみんなが同等な「社会の権利」=「共同の権利」が創設される。しかも自然権を放棄する対象は、「意見しえないような他者」に対してではなく、各人が国政の相談に与り得るような「社会」全体に対して為されるのだから、何人も自然権を他者に任せ切ることなく、各人は自律的自由を獲得する。本来スピノザにとって、国家とは、「ひとつの精神」によるかのごとく導かれる「ひとつの身体」とも言うべきものであり、国家の意志とは、構成員をなす「すべての人々の意志」であるとみなされるところに成立する。もちろん、この集合体は、あたかもひとつの精神と身体を持つかのように場に成立するのであって、ホッブスのように統一的な意思決定能力と権利能力=権力を持つ、一つの集合人格をなすことはない。それ故スピノザは、主権設立の際に同時に主権者を決定するというホッブス契約論を取り入れることなく、構成員全員が平等で水平的な結合をつねに保ちながら、放棄した自然権の総和が一人格に結晶しないままあたかもひとつの統一的な意志と力を形成し続ける運動のプロセスを表わす契約の方式を案出する。そうした力の合成の過程においては、「大衆」が退場することはない。ホッブスにおいては、大衆は国家形成以前に存在する無既定な集団であり、契約と主権形成には参加するが、主権成立後には 代表者が主権者としての行為を代行する。しかしスピノザにおいては、大衆はいかなる生体においても最高権力の形成母体であり、民主政においては「なしえるすべての事柄に対する最高権力を共同して有する人間の普遍的結合」である」。

.ルソーの社会契約論

この自然権の委譲の方式が、ルソーの社会契約論に極めて類似している。ホッブスとスピノザの国家形成論の根底には、各人の力を合成することによって統一的な最高権力を形成しようという問題意識が共通している。スピノザとルソーを結び詰まる根本的な問題意識として、「力の合成」論による主権論を見出すことができる。

ルソーは社会契約の原理を述べる前に、自らの問題意識を次のように述べている。「人間は新しい力をつくりだすことはできず、現にある力を結合し導くことができるだけであるから、自己保存のための手段としては、抵抗に打ち勝ちえる力の総和を集合することによって作り出し、それをただひとつの動機で動かし共同の活動に向けることのほかに方法はない」。さらに、ルソーによれば、自然状態に置いて共同体を打ち立てるための社会契約の諸条項は「すべてが次のただ一つの条項に帰着する」。つまり、「協力する各人は自分の持つ全ての権利とともに、自分を共同体の全体の全体に譲渡することである。その理由は第一に、各人は自分いっさいを与えるのだから、すべての人々にとって条件は平等である…。そのうえこの譲渡は留保なしに行われているので、結合はこのうえなく完全」である。しかも「各人は自分を各々の人全体に与えるのであって、ある人格に自分を与えるわけではない。そして、各協力者は自分に関する権利を他人に譲渡するが、それと同じ権利を他人から受け取らないような協力者は誰もいないのだから、人は失うすべてのものと投下のものを、またさらには持っているものを保存するための力をより多く得る」。こうした社会契約の方式によってのみ、「(市民は)何らかの人格に服従せず、自分自身の意志にのみ服従する」ことが可能になる。こうして生み出された主権の意志をルソーは、「個々人の利益の一致」であるとともに「共通の利害」である「一般意志」と呼んでいた。

さらに注目すべき点は、スピノザが契約によって生じた権利・義務関係を個人において保証するため、個人に「市民」と「臣民」という二重規定を与える点である。各人は一方では自然権を全面的に譲渡したのだから、行動においては全面的に国家の諸法律に従う義務を負う「臣民」である。しかし他方では、各人は自然権の完全な保持者としては「市民」であり、最大限自己保存を追求し「国法に基づいて国家の一切の便益を享受する」とともに、思想・信条・討論の自由は完全に保証されている。これも、社会契約を結んだ個人は、法の創造に参加し法的保護を受ける権利を有する点では「市民」であり、法に服従する義務を負う限りでは「臣民」であるという、ルソー人民主権論の根幹をなす有名な定義が、すでに一世紀前にスピノザによって定式化されていたことを示している。

« 柴田寿子「スピノザの政治思想 ~デモクラシーのもう一つの可能性」(4) | トップページ | 柴田寿子「スピノザの政治思想 ~デモクラシーのもう一つの可能性」(6) »

スピノザ関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 柴田寿子「スピノザの政治思想 ~デモクラシーのもう一つの可能性」(4) | トップページ | 柴田寿子「スピノザの政治思想 ~デモクラシーのもう一つの可能性」(6) »