無料ブログはココログ

« 國分功一郎「スピノザの方法」(9) | トップページ | 國分功一郎「スピノザの方法」(11) »

2012年10月13日 (土)

國分功一郎「スピノザの方法」(10)

3.並び替えの意味

公理の並び替えについては、デカルトの用意した要素を使ってスビノザがデカルト哲学を再構成することを意味しており、デカルト哲学にもとることなく、デカルト哲学に潜在する構造を引き出すという序文より継続されているスピノザの読解がもっともあざやかに現われている部分である。

実際には、まず(D公理8)と(D公理9)は採用されなかった。この二つの公理は、ア・ポステリオリな神の存在証明に対するスビノザの批判に関わるものである。

「実在性の、あるいは実有性の種々の段階がある。というのも実体は偶有性ないし様態よりもいっそう多くの実在性をもつからである。したがって、実体の観念のうちには、偶有性の観念の内にあるよりもいっそう多くの観念的実在性があり、また無限な実体の観念のうちには有限な実体の観念のうちにあるよりもいっそう多くの想念的実在性がある。」

また、「諸根拠」では6番目に置かれていた公理が、ここでは1番に置かれている。これについてスピノかザ自らコメントを残している。実体の観念が有する実在性とも偶有性の観念が有する実在性とを比べるなら、前者の方が多いと言うのは自明なことだ。このコメント二様に解釈でき、第一に本当にそれ自体で明らかだという意味だ。第二に、それ自体で明らかだという他に証明の仕方がないという意味で。どちらの解釈でもスピノザのデカルトに対する批判になる。実際のところ、この功利の内容である実在性の度合いという考えには、疑問が呈されていた。スピノザの態度は、実在性の度合いというデカルトの考えはスピノザには説明のつかないものだったが、それにもかかわらず、この考えはデカルトの体系を維持するうえで絶対に欠くことのできないものだった。この公理は神の第一のア・ポステリオリな存在証明の根幹をなす命題である。それなしでは神の存在証明のひとつが不可能になってしまう。第二に、後続する公理の多くが、この公理を前提としている。一方、この公理は他の公理から導き出せない。スビノザはコギトと同様に明晰判明なものはいくらでもあると仄めかしたうえで、この定義の内容を、そのようなものとして認められる一例としてあげている。つまり、この公理はデカルトの体系の根幹をなす命題のひとつだが、それは他の如何なる命題からも導き出せないのみならず、その正しさは「コギトの命題と同程度に明晰判明であれば真であると考えてよい」という基準によってしか与えられないという。

「思惟する事物は、もし自分に欠けている何らかの完全性を知るなら、自分にできるかぎりは、それをただちに自分に与えるであろう。」

「諸根拠」と順番をスピノザは変えたのは、前のと同じ。スピノザはこの公理は証明不可能であって、デカルトはそれを前提しているにすぎないと考える。つまり、自明というほかに説明の仕方がない。だが、これを省くわけにはいかない。前の公理と同様、この公理も神の存在証明にとって不可欠な命題であるからだ。スピノザが証明不可能であるにもかかわらずこの公理を採用せざるを得なかった理由は、これなしではデカルトの第二のア・ポステリオリな神の存在証明がなきものとなってしまうこと以外のものではありえない。

さらに、スピノザ、この定義について書き換えと削除が行われている。元々の定義は次のようなものであった。

「思惟する事物の意志は、自発的に、自由に、自由に動くものであるが、しかしそれが善である明晰に認識されるものに向かうのは間違いない。そしてそれゆえ、思惟する事物の意志は、もし自分に欠けているなんらかの完全性を知るなら、自分にできるかぎりは、それをただちに自分に与えるだろう。」

スビノザの操作の意味するところは明らかである。それは意志の自由というテーマを消し去ることである。これはこれまでに我々が繰り返し見てきた二つの課題、すなわちデカルトの体系を出来る限り首尾一貫したものとすること、そして先行するものが後続するものの助けなしに知らねばならないという、このふたつを折衷するべく行われたものである。スピノザがこのデカルトの公理の第一文を削除したのは、第一には証明不可能なものとして提示されているからで、第二にこの一文は意志は自由であるが善に拘束されているという矛盾を犯しているためである。

「すべての事物の観念あるいは概念の内には、可能的な存在かそれとも必然的な存在かがふくまれている。」

この公理でも、順序は変えられ、書き換えと削除が行われた。書き換え前の公理は下のようになる。

「すべての事物の観念あるいは概念のうちには存在が含まれている。なぜならわれわれは何ごとも存在という様式においてしか概念することはできないからである。ただしそこには次のような違いがある。有限な事物の概念の中にふくまれる存在が可能的ないしは偶然的であるのに対し、最高に完全な存在者の概念のなかに含まれている存在は必然的で完全だということである。」

この第二文がスピノザによって削除された。その理由は、論理的に脆弱であり、必要不可欠なものではないこと。また「観念が可能的ないし必然的な存在を含む」という挿入した言い回しそのものの妥当性という論理的弱点から読者の目を逸らすことである。

« 國分功一郎「スピノザの方法」(9) | トップページ | 國分功一郎「スピノザの方法」(11) »

スピノザ関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 國分功一郎「スピノザの方法」(10):

« 國分功一郎「スピノザの方法」(9) | トップページ | 國分功一郎「スピノザの方法」(11) »