無料ブログはココログ

最近読んだ本

« ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2012(11) | トップページ | ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2012(13) »

2013年3月24日 (日)

ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2012(12)

年次総会

年次総会は5月4日土曜日にセンチュリー・リンクセンターで行われます。昨年、キャリー・ソバが担当です(新しい名前ですが、昨年と同じ素晴らしいキャリーです。彼女は非常に幸運な男性と6月に結婚しました)。我々本部グループはすべて彼女を助けるために協力しています。すべて自前でやります。私はそれをまとめる人々を誇りに思っています。

開場は午前7時です。7時30分に、第2回「新聞の投函に挑戦」を行います。目標は、クレイトン・ホームの玄関から正確に35フィートのところです。昨年は、私はすべての挑戦者をうまくしりぞけました。しかし、今、バークシャーは多くの新聞社を取得し、多くの才能が集まりました。それらの才能が彼らの投函と一致するか確かめるのを見に来てください。新聞は36から42ページ。皆さん自身で探して下さい。

8時30分からバークシャーの映画をお見せします。1時間後に質疑応答を始めます。センチュリー・リンクでの昼食の中断をふくめ3時30分まで行います。短い休憩の後、チャーリーと私は3時45分から年次総会を招集する予定です。日中の質問の時間に退席するようなら、チャーリーが話している間にしてください。

勿論、退席するもっとも大切な理由は買い物をすることです。我々は子会社からの製品でミーティング会場に隣接した194,300フィートのホールをいっぱいすることで、皆さんの買い物をお手伝いします。昨年、皆さんには本分を尽くしていただきました。おかげで大部分の場所で記録的な売上を達成しました。9時間の間に、1,090本のジャスティン・ブーツ(30秒で1組)、10,010ポンドのシーズ・キャンディ、12,879本のクィックナイフ(毎分24丁のナイフ)、5,784組のウェズラモント手袋(常に暖かいもの)を、我々は売りました。(私が焦点を合わせるのは、お金です)覚えています: お金が単に幸福を買うことができないと言うだれも、私たちのミーティングで買い物をしていません。

昨年、ブルックス(ランニング・シューズの会社)は初めて参加して15万ドル売上ました。ブルックスは燃えています。2012年のボリュームはブルックスは34%成長し、2011年の同程度の利益率34%となりました。会社は2013年にはさらに23%の成長を期待しています。我々は、限定版の「バークシャー・ハサウェイ・ランニングシューズ」を待っています。

日曜日の午前8時から「バークシャー5K」をセンチュリーリンクで始めます。参加のための全詳細は、会合のための信任状で受け取るビジター・ガイドに書かれています。メディアのための一つを含む様々な種類のレースを用意しています。(そこでのパフォーマンスが報道されるのは楽しみです。)残念ですが、私はランニングは控えます。誰かがスターターとして号砲を鳴らなければならないのです。

我々には特別な才能があることを警告しておきましょう。テッド・ウォシュラーは3.01にマラソンを走りました。ジム・ウェーバー(ブルックスの精力的なCEO)は3.31の最高のスピードスターです。トッド・コームズはトライアスロンが専門ですが、5Kで22分の記録を出しています。

しかしながら、まさに始まりです。我々の取締役は足(我々の取締役の何人もそうです)の部隊でもあります。スティーブ・パークは2.39でボストン・マラソンを走りました。(彼の家族もそうで、妻のグレチェンは3.25でニューヨークマラソンをフィニッシュしました。)シャーロット・ガイマンのベストは3.37です。スー・デッカーは3.36でニューヨークでテープを横切りました。チャーリーのアンケートは戻ってきていません。

ガイコは、国中から何人かの最高のカウンセラーの職員をブースに置いているようにします。そして、彼ら全員が皆さんに自動車保険の見積もりができるよう、準備ができています。ほとんどの場合、ガイコは、皆さんに通常の8%の株主割引をすることができます。この特価提供は55の管区のうち44で許されています。今ご利用の保険の詳細を持ってきてくだされば、我々が保険金を節約できるか否かにかかわらず、チェックします。少なくとも、半分の方には、保険金を節約することができると思います。

ブックタウンを必ず訪問してください。何冊かの新刊を含め35冊以上の本とDVDをお届けします。キャロル・ルーミス(1977年以降、この手紙を編集する際に非常によくやってくれました)は最近、タップダンスの入門書を刊行しました。ウォーレン・バフェットについては、彼女と私の連著でミーティングで使用する500部を作りました。

ウィリアム・ソーンダイク・ジュニアのアウトサイダーは主要な部分で優れていたCEOに関する素晴らしい本です。我々の取締役であるトーマス・マーフィー、私のこれまでに出会った中で最高の経営者の一人について洞察に充ちた章が割り当てられています。また、ジャック・ボーゲルとローラ・リッテンハウスによる文化の衝突を推薦します。皆さんがこれらの本を購入する場合は近くに便利な船便の利用で可能です。

オマハ・ワールド・ヘラルドは再びブースを持っています。そして、最近出版した2~3の本を提供しています。Redblooded Huskerのファンは、ネブラスカに一人いるかどうか、欲しくてたまらないものでしょう。1993~97年のネブラスカのフットボールチームの歴史です。

« ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2012(11) | トップページ | ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2012(13) »

バフェットの手紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2012(12):

« ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2012(11) | トップページ | ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2012(13) »