無料ブログはココログ

« 「ルーベンス 栄光のアントワープ工房と原点のイタリア」展(1) | トップページ | 「ルーベンス 栄光のアントワープ工房と原点のイタリア」展(2)~イタリア美術からの着想 »

2013年5月11日 (土)

歳をとって本当に怖いのは「精神的退廃」

偶然に見たブログで目にした一節です。(『おもしろい50歳が増えると、日本は変わると思う』)この記事は、長くてなかなか本題に入らないのですが、読み応えがあって、50歳を越えた年齢の私には、他人事ではない、ハッとさせられるものがありました。

 そう、年を取って肉体が衰え、若いころのような溌剌としたところはなくなります。私はいつまでも若くいたいとか、若く見られたいなどということは思わないのですが、とはいっても、ふっ切れたか、といわれれば、そうとも言えないところです。

 そんな衰えではなくて、精神の衰えへの危機感ということに対しては、私は100%同意します。この人の言う面白い50歳というのは、滲み出てくる感じのおもしろさ、と言います。それは、ちょっとした物の見方やその人なりの捉え方から出てくるもので、どれだけ経験したことを自分の中で「おもしろく」変換させてきたか。この「変換」があるかという、いうなれば人生から蓄積されたものです。

 そういうのって、いいなと思いつつ、自分には今さら無理っぽいと思いつつも、私の場合には、このようなプログを始めて、コツコツととにかく続けていて、このプログを通じて、ネットでやり取りする人ができたり、何かの縁でこれを読んでくれて、何気ない席で「読んでますよ」と声をかけられて、そこでちょっとした付き合いが生まれる、というようなことは、自分一人では無理かもしれないけれど、「おもしろい」に変換させることをこういうネットワークの中で自然にできるようなことが、あるのではないかと思ったりします。そのためには、自分自身がネットの上だけでなくて、実生活でも、そうあろうと努力することは必要なのでしょうけれど。(とはいっても、そんなに無理する必要はないと思いますが)

 いつも、比較的長めの記事を書きますが、今回は、ふと、思いついた走り書きのような投稿です。もしかしたら、これから、たまに、こんな書き込みを思いつくかもしれません。

« 「ルーベンス 栄光のアントワープ工房と原点のイタリア」展(1) | トップページ | 「ルーベンス 栄光のアントワープ工房と原点のイタリア」展(2)~イタリア美術からの着想 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
こんな軽い感じのブログもたまにはいいんじゃないですか~
CZTさんは、私にとってはとっても十分おもしろい人です。
どこがってつっこまれると困りますけど…なんとなくです、ハイ。
人間的に優しい♪
それに大人だと思います。
私の様な未成熟な大人からするとですね(笑)。

poemさん
コメントありがとうございます。
いただいたコメント、家宝にします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564097/57361407

この記事へのトラックバック一覧です: 歳をとって本当に怖いのは「精神的退廃」:

« 「ルーベンス 栄光のアントワープ工房と原点のイタリア」展(1) | トップページ | 「ルーベンス 栄光のアントワープ工房と原点のイタリア」展(2)~イタリア美術からの着想 »

最近聴いたCD