無料ブログはココログ

最近読んだ本

« 「牧野邦夫─写実の精髄─」展(5)~拾遺 | トップページ | 「生誕250周年 谷文晁」展(2) »

2013年7月15日 (月)

「生誕250周年 谷文晁」展(1)

Tanipos例年より半月以上早い梅雨明け。いわゆる梅雨明け10日のドピーカンの続く中、気温はうなぎのぼりで35度を越える猛暑。株主総会も終わり、少し息抜きをしつつ、第1四半期の決算発表までの狭間の時期、機関投資家をまわってミーティングを毎年行っているが、今日は、この猛暑、資料を抱えての大荷物、しかも上着も離せないという格好で過ごすのは、暑い。ミーティングは神経を消耗するし、節電のためか、室内の冷房はどこも抑えている。という暑さから逃避したい、ということと、ようやく決算期末から株主総会を終わり、多少の息抜きのつもりで、ミーティングが終わったあと、一番近い美術館ということでサントリー美術館を訪ねた。

やっていたのは江戸時代の文人画家である谷文晁の回顧展。骨董品の世界では大人気の人であろうけれど、実際に会場を回って展示をみて、あまりの難解さに、自分は、一体何をしにここに来たのかという、強い後悔に捉われました。入場者が比較的多かったのですが、皆さんは興味深げに鑑賞していた様子だったので、難しさに途方に暮れているのは、私だけかと、たいへん疲れました。

話は少しそれますが、私は音楽を聴くのも好きでジャンルなどには拘らずに聴いていますが、その中には西洋のクラシック音楽の楽曲も好んで聴く曲の中にあります。その中で、モーツァルトというクラシック音楽の代名詞ともいえる大メジャーな作曲家がいます。私はクラシック音楽に接し始めて20年以上になりますが、今以ってモーツァルトとハイドンの作品は難解で、何度聴いてもよく分らないのです。クラシック音楽好きな人に、その話をすると信じられないという顔をされますが、マーラーとかパレストリーナとかは大好きで長時間聴いていても疲れることはないのですが、モーツァルトの曲、例えば有名な「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」とか交響曲とか、何が何だか分らないのです。そこで感じている難しさと、似たものを今回の展示を見て感じました。ともっともらしい理屈を捏ねていますが、本当に分らない。

よく芸術は分かったとか分らないとか、理屈で理解するのではなくて、無心に接してみて、良いか悪いか感じればいい、というようなことを言う人がいます。小林秀夫とか吉田秀和とか著名な評論家の先生は、往々にしてそういうことを言っています。そういうのは、自分が分っているから言えるのであって、それを分らない人に、分っていたうえでやっていることを強いるのは、傲慢でしかありません。むしろ、「オレは分っているからいいんだ。オメエらは分かんねえだろう」という自慢の心の声が聞こえてきるようで、そういう評論家に限って、無心(と自分で思って)に作品に触れるときの、自分の感性の構造をみずから検証しないでいて、じぶんと違った感性の存在が分からず、感性の違う人に対して、どのような説明が理解してもらえるかという視点が全くないため、フォロワーしか彼の評論を理解できないということが往々にしてあります。例えば、吉田秀和が時折漏らす本音。「それが分からない人は、最初から(クラシック)音楽など聴かない方がいい」。それを誤解して、難しくて高尚だとかいって高い評価を受けている評論家の先生が沢山います。絵画に対しても、そういう権威ある先生がいると思います。なんか、自分が分らないということで醜いやつあたりをしてしまいました。

何が難解かというと、本来、こんな議論はおかしいはずで、分らないから難解なので、何が分からないか分っていれば、難解とは普通は言わないはずです。何が分らないかも分らない、ちんぷんかんぷんだから難解というわけです。上で、八つ当たりの啖呵を切った手前、多少でも、私がそんなことを言ったということを、腑分けしなくてはいけないと思ったものですから。すいません、もしかしたら、谷文晁展はどんなだったかを知りたいと思って、検索で辿り着いた方、谷文晁と全く関係ないことを延々と綴っています。もし、そういう目的ならば、申し訳ありませんが、他を当たって下さい。このずっと後で、谷文晁について触れますが、きっと参考になるようなことはないと思いますので。

そもそも論から始めることにします。美術館とか博物館、これをまとめて英語ではMUSIUMと言いますが、このひとつのルーツはヨーロッパ王家のコレクション、クンストカマーと呼ばれるものであったと言います。例えばベルリンのミュージアムはホーエンツェルン家、ウィーンのはハプスブルグ家といった具合に。例えば、ハプスブルグ家はオーストリアやスペインの王家、その前は神聖ローマ帝国の皇帝を輩出していた家系です。もともとはヨーロッパの中央部の小国の領主で財力も武力もなかったといいます。それが、なぜ大国の王家となって行ったかというと、政治力と結婚政策を巧みに利用したらしいです。つまり、当時の大国同士が睨み合って勢力が均衡している時に、その大国のいずれかが国王になるとバランスが崩れてしまうので、小国であるハプスブルグ家がキャスティングボードを握り神聖ローマ帝国の皇帝になってしまう。そして、その地位を利用して大国の一族との婚姻し、相続によって領地を引き継いで行ってしまう。しかし、そこに武力のような実質的な力の裏付けがないため、支配をするためには権威だけが頼りとなる。その一つはローマのカトリック教会です。いわゆる王権神授説といって、神様が正統性を認めるというので、王冠の戴冠式で王冠を授けるのは聖職者なのはそのためです。しかし、中世が終わると教会の権威は少しずつ失墜していきます。そんな中で、ハプスブルグ家はギリシャやローマ時代の莫大なコレクションを築き上げ、それを広く公開します。これにより、王家がギリシャ・ローマから綿々と続いている正統的な家系であって、それが権威の源であるということを強く印象づけるというわけです。例えば、ある程度の年配の方なら、高校の世界史の教科書の記述がギリシャ・ローマの記述の後、ゲルマン民族の大移動の後中世が始まるように書かれていると思います。それを読むと、ヨーロッパはギリシャ・ローマから中世の暗黒時代を経て近代へと連綿と繋がっているように見えます。しかし、よく考えてみれば、ギリシャは地図で見ればヨーロッパというよりはトルコに近い小アジアです。ローマ帝国といっても当時のラテン人というのはギリシャ人やフェニキア人(今の中東の人々)と一緒に競っていたのですからアジア人に近いと言えなくもありません。また、ヨーロッパの文化のルーツが古代ギリシャやローマといわれても、いったん断絶したのをイスラムを経由して得られたものです。でそれを、あたかもヨーロッパの祖先のごとく扱った歴史が教科書で教えられると、現代のヨーロッパはローマ帝国や古代ギリシャを祖先として、それが続いてきたような誤解をしてしまいます。オリンピックの競技会だって、聖火と称して古代ギリシャの遺跡で火を起こして、それをわざわざリレーして会場に点火するセレモニーをしますが、あれだって、ヨーロッパは古代ギリシャの子孫である支配の正統性をアピールしている場に他なりません。(だから私は、オリンピックは近代ヨーロッパの文化帝国主義政策の一環であると思っています。)ミュージアムとは、そのような政治的な支配の正統性の片棒をかついだものとして機能していたことは否定できません。だから、西洋絵画のヒエラルキーで歴史画は高い地位にあるのです。

そういう機能で美術展というものを考えた時に、谷文晁の美術展に何らかの意義があるのか、つまり、そもそも、谷文晁というのは本質的に美術館で取り上げるべきものなのか、ということなのです。なんか、アナクロで、現代のアート市場ではそんなことは通用しないといわれそうですが、それこそ現代のアート市場でコンセプトが重視されるのは、そういう正統性というタテマエがもともと期待されていたためです。そして、この理由が、私にはまったくわかりませんでした。これは谷文晁さんには何ら責任はなくて、主催者、企画者がコンセプトを説明してくれていないので、無知な私は知りようがないのです。

そして、第二に、これもそもそも論ですが、こういう美術展で日本の絵画を取り上げるというのは、西洋絵画というものが明治維新後、日本に入ってきて、それまでなかった芸術とか絵画という概念とか機能がなかったところで、それに対抗するいみで日本画という概念が急遽でっち上げられたものが、その後、づるづるべったりで続いているものだということです。だから、美術展ということと、日本の絵画というのがそもそも異質で、美術館の壁にズラっと並べて展示されるということが谷文晁の作品(作品という概念も、この場合に適切でないかもしれません)にそぐわないのではないかという違和感を強く抱いて、終始拭うことができませんでした。これは、私がこういう日本の絵画の美術展というが初めてで、そういう文法とか作法とか慣習に通じていないせいなのかもしれませんが。

そして、第三に、上のところで私がクラシック音楽の中でモーツァルトの音楽に対して抱いた難解さの印象に通じることです。端的に言えば、谷文晁の描いた絵が、例えば、他の画家の描いた絵と区別がつかないし、谷文晁の作品の中でも並べられたそれぞれの作品の違いが判らず、同じ見えてしまうのです。これが谷文晁だとか、これが谷文晁の何々という作品であると特定ができないのです。西洋絵画(一応、便宜上このような言い方をします)では、画家が他の画家と同じということになれば、個性がないということで評価の対象にすらならないでしょうから、最初の作品が成り立つ前提として、だれもがいまさら言うことのほどでもないのです。しかし、私が当時の絵画の知識がなく、そういうものに対する感覚的な土壌を欠いているためかもしれませんが、谷文晁の描いたものは、そういう基準を満たさない、規格に当てはまらないのです。だから、私からすれば、それは絵画ではないということになります。そういうものを理解できるか、理解できません。だから難解なのです。

と、一応、それらしく分析の振りをしてみました。なんかわざとらしいですね。これ以上、自分に対してコメントするのは野暮ですから、これ以上のことは、ここまで我慢して付き合って下さった方のご想像にお任せします。

いままで、好き勝手なことを書いてきましたが、ここまで読んで下さった方は、私が、谷文晁の描いたものに対して、何か感想を言うとしても、決して展覧会をこれから見に行くときの参考にならないこと、あるいはすでにこの展覧会に言ってきた方が、自分の印象を反芻する際の参考にしならないことは、明白だと思います。

実際、未だ一言も谷文晁の描いたものに対してコメントしていませんしね。

« 「牧野邦夫─写実の精髄─」展(5)~拾遺 | トップページ | 「生誕250周年 谷文晁」展(2) »

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「生誕250周年 谷文晁」展(1):

« 「牧野邦夫─写実の精髄─」展(5)~拾遺 | トップページ | 「生誕250周年 谷文晁」展(2) »