無料ブログはココログ

« 「速水御舟─日本美術院の精鋭たち─」展(5)~夢としてのリアル | トップページ | 病は医師と患者による共作ストーリー »

2013年9月 4日 (水)

追伸その二

今日、胸に管をつなげていた跡の傷ず塞がったのを確認し、抜糸しました。これで2週間ぶりに風呂に入れます。また、管をつないでいた付近の消毒やら管を固定していたテープの跡を石鹸で洗うことができます。

取り敢えず、気胸によってしぼんでしまった肺が、元の大きさに戻ったようなので、明日から職場復帰できることになりました。

このブログを読まれて、ご心配して下さった方々、ありがとうございました。

ただ、気胸の原因が不明なので(気胸は比較的若い人がなりやすいそうで、私のような初老の人間は喫煙の習慣のある人以外が気胸になるのは珍しいそうです。)、これから、原因を調べていくそうです。

« 「速水御舟─日本美術院の精鋭たち─」展(5)~夢としてのリアル | トップページ | 病は医師と患者による共作ストーリー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564097/58128342

この記事へのトラックバック一覧です: 追伸その二:

« 「速水御舟─日本美術院の精鋭たち─」展(5)~夢としてのリアル | トップページ | 病は医師と患者による共作ストーリー »

最近聴いたCD