無料ブログはココログ

« オリンピック雑感 | トップページ | 宮崎裕助「判断と崇高」(14) »

2014年2月25日 (火)

オリンピック雑感(2)

女子モーグルフリーの上村愛子がベストの満足できる滑りをしたもののメダルを取れなかったのをテレビで見ました。彼女の後に滑った、アメリカのハナ・カーニーが何度か目立つミスを犯したにもかかわらず、見た目にはノーミスの上村を上回る点数を獲得しました。これに対しては判定への疑問が話題になりました。また、フィギアスケート女子フリーでショートプログラムで失敗した浅田真央が起死回生をかけてベストの演技をしたものの、そのフリーの演技の評価点数では3位にとどまりました。トリプルアクセルを成功させ、女子では史上初めて8個の3回転ジャンプをすべて成功させたもということにもかかわらず、です。

これらは、また聞きの話なので確固たることは言えないのですが、上村愛子の場合は、彼女の得意とするスライド・ターンという技術よりも、カーニーをはじめとする欧米の選手がよく使うカービング・ターンの方が高い点数を得られるという採点基準になっているということです。(ただし、前回バンクーバー・オリンピックの時は基準が違っていた)それで、途中で姿勢を崩すという大きなミスを犯したカーニー選手の方がターンにおいても上村選手よりも高い点数をとることができたということなのだそうです。また、技術的には上村の得意とするスライド・ターンの方が難しいとされているため、多くの選手は比較的簡単なカービング・ターンを習得しているのが一般的傾向なのだそうです。だから、上村の滑り方では当初から点数を稼げないことは分っていたことだったということなのです。そういう不利な状況で、メダルこそ取れなかったものの4位という成績を残した上村選手は凄い、ということになるのでしょうが。何か、それでは周囲のコーチやモーグルの日本の団体は何をやっていたのか、ということになりはしないか、と思うのです。というのも、メダル候補として上村に期待していたのであれば、上村にメダルを獲らせるために、つまり、勝つための戦略というのがなかったのか、ということなのです。ルールが変わったから選手に滑りをすぐに変えろというのは無理かもしれませんが、採点方法を修正させるように運動するとか、スライド・ターンが不利なことを前提とした戦略的な戦い方を考えるとか、あったはずです。それらがないのなら、最初から不利なので、上村のメダルは期待しないでほしいと、事前にマスコミなどのプレッシャーを除去してあげるなどのことはできたと思うのです。テレビ中継でも、そんな関係者なら自明のことをなぜ解説してくれなかったのか(知らなかったのか、そんなことはないでしょうに)、それも疑問です。

このようなケースを見ていると、勝つための戦略的な動きがまったくなくて、上村選手の個人的な競技に期待するというのは、技術優位を頼んで経営や戦略で劣ったためにグローバル市場で海外のライバルとの競争に敗れていった日本のメーカーの姿勢と共通するものを見てしまうのです。そして、最後に上村選手の精神論とか感動ストーリーにすり替えてしまって、勝てる可能性のあったものを、みすみす取り逃がしてしまうことになる。まるで、太平洋戦争中の特攻隊のようではありませんか。

また、フィギア・スケートの浅田真央のフリーの演技にしても、トリプル・アクセルはじめとした8個の3回転ジャンプを女子ではじめて成功させたにもかかわらずジャンプの技術点では、ロシアのソトニコワの点数に届かなかったといいます。地元有利ということを差し引いても、普通に考えれば、それだけ困難なことをやってのけたわけだから少なくともジャンプの技術点については他の選手をダントツに突き放して当然ではないかと思ってしまうのです。ソトニコワはジャンプでミスを指定も関わらず、です。それは、モーグルの上村と同じように、もともと点数を伸ばせるような全体の構成を作っていなかったのではないか、とまず思うのです。さらに言えば、浅田真央は採点基準の変更に悩まされ、それに対応するために数年をかけてジャンプを根本的に作り直し、そのために傍目には一時的なスランプと見える時期を経験せざるをえなかったといいます。これは、安藤美希も同じように苦しめられたといいます。その時に、日本のスケート協会は何をしていたのか、そこでルールを自国の選手、とくにエース2人にとって不利にならないように運動することができなかったのか、ということです。企業で言えば、いくら技術で頑張って高性能な製品を開発しても、グローバル・スタンダードを見たいしていないと市場の競争ステージに立たせてもらえないのと同じです。例えば、日本の新幹線の自動列車制御システムは何十年もの間無事故を続けているという輝かしい技術ですが、欧米主導でつくられたグローバル・スタンダードに則っていないため、海外への売込みでは、最初から欧州の企業と同列で競争させてもらえないことが多いそうです。いくら無事故の実績があっても、グローバル・スタンダードに乗っていないと話も聞いてもらえないこともある、といいます。もしかしたら、浅田真央のトリプル・アクセルという彼女しか飛べないジャンプも同じようなことになっていたのではないか。

逆のケースで言えば、男子フィギアでカナダのパトリック・チャンという銀メダリストは前回のバンクーバー・オリンピックでは入賞がやっとの選手だったのが4回転ジャンプを武器としていたためにルール改正でジャンプの点数が優遇されると一躍トップ選手になってしまったといいます。そして、オリンピックでは、日本の羽生が4回転サルコーに彼一人だけ挑戦するということを最大限生かして、結果的に羽生はそのジャンプに失敗しましたが、そのジャンプをプログラムに戦略的に組み入れることによって、プログラム自体の基礎点数をライバルたちより大きく伸ばしてしまったといいます。結果的には、それが金メダルの大きな要因だった。つまりは、戦う前から勝負はある程度ついていたということだったようです。

そういうことは、なぜ浅田真央の場合は出来なかったのでしょうか。

また、話は飛びますが、スピード・スケートでオランダがメダルを独占して、日本勢がメダルを獲れなかったのは、リンクの製氷をオランダの技術者が行ったということがあった。つまり、オランダ人技術者が作った氷は、どうしたってオランダ人に向いたものになってしまう。日本人選手のコメントで氷が柔らかいというのが多かったと思いますが、そういう土台のところで、一種政治的な動きをしている。そういうのは、日本人は苦手なのでしょうか。

どちらかというと、選手個人の人情話的な感動ストーリーをみんなで喜んでしまう。それでいいと言えばいいのですが。選手たちのインタビューを聞いていると、そういう話のオンパレードで、結局押し付けることができそうな個人に押し付けて踏んばらせる、日本的構造というのが、何か企業の内部を見ているようで、一抹の寂しさを感じました。

« オリンピック雑感 | トップページ | 宮崎裕助「判断と崇高」(14) »

あるIR担当者の雑感」カテゴリの記事

コメント

誰だったか忘れましたが、
ある解説者も競技ルールが変わるとき、
日本の団体はそれに対して抗議をしないと指摘し、
きちんと意見を言わないで「ルールが変わって不利になった」と嘆くのは
みっともないことだと言っていました。
私もそれを聞いてもっともだと思いました。
また、浅田選手がフリーの演技を終えて
「少しでもご恩返しが出来たのではと思いました」
という感想を言っていましたが、
その考え方を彼女にさせる日本的体質が
彼女を追い詰めたのではないかとも考えてしまいました。

もっと確かな意味でインターナショナルになることが
これからのスポーツ界でも、それ以外の日本社会でも
必要なところに来ているように思います。

テレビの番組で、「日本の交渉力」というテーマでスポーツのルール変更が、日本に不利になるように変更されることに日本が無力であることが取り上げられていました。次回の冬季オリンピックは韓国のピョンチャンですからますます日本に不利になるようなルール改正と採点が行われることを覚悟しなければならないことでしょう。

ひつじさん、ありがとうございました。感動的な浅田真央に水を差すようなことを書いたので、怒られるかと思っていましたが、コメントいただいて感謝しています。メダルへの期待でプレッシャーかけまくりで、彼女が重圧に押しつぶされたら、今度は感動といってキレイこどを持ち出して自己正当化を図るような風潮に違和感をもって、攻撃的な書き方をしてしまいました。それは、私自身も加害者の側にいるという一種の自虐の意識もあったためです。

OKCHANさんありがとうございました。たぶん、メダルをとることをオリンピック参加の目的とするなら、戦略的で組織的に動かないといけないのでは、プレイヤー個人に負荷を負わせてしまっているのは、いまの日本の閉塞的な空気を象徴しているように見えました。テレビ中継でのわざとらしい応援や感動の盛り上げの反面、成績のよくなかった人や話題にできる価値の少ない人への冷たい扱いですね。ロンドン大会の時も、オリンピックのメダリストは銀座でパレードしたのに、パラリンピックのメダリストはしなかった前科もあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オリンピック雑感(2):

« オリンピック雑感 | トップページ | 宮崎裕助「判断と崇高」(14) »