無料ブログはココログ

« 知識と行動の間 | トップページ | ジャズを聴く(3)~ハンク・モブレー「ソウル・ステーション」 »

2014年2月 2日 (日)

ジャズを聴く(2)~アート・ペッパー「アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション」

村上春樹は「ポートレイト・イン・ジャズ」というエッセイの中で、アート・ペッパーについて、次のようなことを書いています。

“アルト・サックスという楽器には、ある種のフラストレーションが影のようにつきまとっている。正確に表現すれば、「そこに本来あるべきものと、実際にそこにあるものとのあいだにあるずれ、齟齬感」ということになるのだろうか。それはたぶんアルト・サックスという楽器の構造に起因するものなのだろう。演奏者が頭に描く音楽の情報量が、アルト・サックスという楽器にうまく収まりきらず、収まらない部分がぼろぼろと端からこぼれ落ちていく─そういう印象を、僕らは受けてしまうことになる。

そのフラストレーションはある場合には文字通りの苛立ちにもなり、またある場合には満たされることのない憧憬のようなものにもなる。あるいはその両者を同時に含むものにもなりうる。そのあたりの切迫性は、テナー・サックスには求められないものだ。テナー・サックスは、アルト・サックスに比べると良くも悪くも自己充足的であり、意志的であり、遥かに堅固なグラウンド上にいる。

そのようなアルト・サックスの「危うさや切迫性」という部分に焦点を絞っていくと、そこには否応なく、アート・ペッパーの姿が浮かび上がってくる。その楽器の持つ生身の刃物のようなぎりぎりさと、その裏側にある架空の楽園の情景を、ひとつの音楽像として克明に、リアルタイムに具現化した演奏者は、彼のほかにはいない。チャーリー・パーカーを、奇跡の羽を持った天使とするなら、アート・ペッパーはおそらくは変形した片翼を持った天使だ。彼は羽ばたく術を知っている。自分が行くべき場所を承知している。しかしその羽ばたきは、彼を約束された場所へとは連れては行かない。

彼の残した数多くのレコードを聴いていると、そこには一貫して、ほとんど自傷的と言ってもいいほどの苛立ちがある。「俺はこんな音を出しているけれど、俺が本当に出したいのは、これじゃないんだ」と、彼は我々に向かって切々と訴えかけている。彼の演奏には、それがどれほど見事な演奏であったとしても、ソロが終わった直後に、楽器をそのまま壁にたたきつけてしまいそうな雰囲気がある。僕らはアート・ペッパーの演奏を愛する。しかし彼の残した手放しに幸福な演奏を、僕らはひとつとして思い出すことができない。彼は一人の誠実な堕天使として、自らの身を削って音楽を創り出していたのだ。そしてアルト・サックスは与えられるべくして彼に与えられた楽器だったのだ。”

では、アート・ペッパーの「アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション」についてです。

 

You'd Be So Nice To Come Home To

 

Jazartpepper_rhythm Red Pepper Blues 

Imagination

Waltz Me Blues

Straight Life 

Jazz Me Blues

Tin Tin Deo

Star Eyes 

Birks Works

The Man I Love

 

 

Art Pepper (as)

Paul Chambers (b)

Philly Joe Jones(ds)

Red Garland(p)

 

 

同じアルト・サックスでもチャーリー・パーカーやそのフォロワーたちの演奏を聴いた後で、アート・ペッパーを聴くとサウンドが軽いという印象を受けるだろう。アドリブにしても、パーカーのようにメロディを解体してしまうかのような、ハイスピードで断片が飛び交うような演奏に対して、ペッパーは曲のメロディを最初から破壊してしまうようなことはしないので、微温的に聞こえることがあるかもしれない。そういう軽い感じを、美点として追求したのが、このアルバムで言えなくもない。おしゃれな感じの居酒屋でBGMとして室内に流されていてもおかしくはない。一般的にジャズを聴かない人向けのジャズムードとしては良質なものと受け取ってもらえる要素を多分に有している。実際、このアルバムはペッパーの残した録音のなかでも知名度は抜群に高いようで、それは多分、そういう理由であるだろうし、さらに、どこぞのジャズ喫茶ではオーディオ・チェックに使っているというような録音の良さにも因っているのだろう。それは、決して悪いことではなく、ペッパーの特徴の一つを強調したものであるに過ぎない。

録音のせいか、ペッパーのアルト・サックスの音色が、一般的なカラッと乾いた音というイメージと異なり、意外にも湿気を含んだ、しかもヌケが良くて重く垂れ込めない感じになっている。その結果、しっとりとして落ち着いていながら、暗くならず躍動感を失わない印象を与えている。だから、決して音の緊張感を失ってはいない。演奏面では、その音を聴かせるということに主眼が置かれているように感じられる。全体として、ペッパーのその音色と独特のフレージングなどの特徴をうまく生かし、全体としては各奏者の火花散る激突よりもアンサンブルが重視されているようだ。だから、アルバム・タイトルが“ミーツ・リズム・セクション”となっていても、リズム・セクションはペッパーを煽るでもなく、伴奏に回っている。冒頭の「You'd Be So Nice To Come Home To」は、同じアルト・サックスのリー・コニッツが「Motion」というアルバムの中で原曲のメロディを解体してしまってお馴染みのテーマが一度も聞こえてこない演奏をしているのに比べると、親しみ易いものになっている。

 

« 知識と行動の間 | トップページ | ジャズを聴く(3)~ハンク・モブレー「ソウル・ステーション」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 知識と行動の間 | トップページ | ジャズを聴く(3)~ハンク・モブレー「ソウル・ステーション」 »