無料ブログはココログ

最近読んだ本

« ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2014(13) | トップページ | ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2014(15) »

2015年3月20日 (金)

ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2014(14)

会議と他のイベントに入場するために必要とする証明書をどのように取得するかについて、レポートに同封した会議の招集通知が説明しています。航空会社は、バークシャの週末の間に、料金を値上げします。もし、遠くから来られるのなら、カンザスシティーとオマハに飛ぶ場合のコストを比較して見て下さい。ドライブは、それぞれ、21.5時間と2時間です。そして、特に、オマハで自動車をレンタルすることを考えているならば、目覚ましくお金を節約することができるでしょう。一組のカップルで1,000ドル以上の節約ができることでしょう。我々と一緒に、その分のお金を使いましょう。

ネブラスカ・ファニチャー・マート(NFM)は、ドッジ・ストリートとパシフィック・ストリートの間の72番街に77エーカーの敷地にありますが、「バークシャーの週末」特別割引を再びやっています。昨年、この店は、年次総会のセールで40,481,817ドルを売上ました。(NFSのオマハ店では週平均の売上は900万ドルです)

NFMでバークシャー割引を受けるためには、4月30日の火曜日から5月4日の月曜日の間に買い物をし、さらに、その時に年次総会の証明書を提示しなければなりません。この期間の割引は、通常なら値引きに応じないような名門メーカーの製品に対しても、我々の株主のための週末の趣旨により、特別な例外を行ないます。我々は彼の協力に感謝しています。NFMは月曜から金曜の午前10時から午後9時、土曜日の午前10時から午後9時30分、日曜日は午前10時から午後8時まで営業しています。今年は土曜日の午後5時30分から午後8時に皆さん全員を招待してピクニックを行います。

Borsheimsで株主のみを対象とした2つのイベントを再び開催します。最初は、5月1日金曜日の午後6時から9時のカクテル・レセプションです。第2の、メイン・ガラは、5月3日の日曜日に開催され、土曜日の午前9時から午後4時まで、近年、我々は日曜日の6時まで開いています。近年、この3日間の売上が、宝石商にとって最高の月である12月の売上を上回りました。

週末を通してBorsheimsには巨大な群衆が集まるでしょう。従って、ご参考までに、株主価格は4月27日月曜日から5月9日土曜日まで可能です。その期間中、バークシャーの株主であることを会議の招集通知が仲介証明書を提示して、証明してください。

日曜日にBorsheims外側のモールで、ダラス出身の注目すべき魔術師ノーマン・ベックは見る人は驚かせます。さらに、我々は世界最高のブリッジのプレイヤーであるボブ・アマンとシャロン・オスバーグの日曜の午後に二人が株主の皆様とブリッジができるのです。お金は賭けないように。

私の友人、アリエル・シンが日曜日にモールにきて、卓球の挑戦者を募ります。彼女が9歳の時に、私は相対しましたが、1点も取ることができませんでした。現在、彼女はプリンストンの2年生で、オリンピックのアメリカ代表です。恥をかくことを気にしないのであれば、ご自身の技術を彼女に試してみましょう。ビル・ゲイツと私は午後1時に始めます。

ゴラットとピッコロは再び、5月3日日曜日はバークシャーの株主のために空席を設けています。両店とも午後10時まで確保しています。ゴラットは午後1時の開店から、ピッコロは午後4時の開店からです。これらのレストランは私のお気に入りで、私は日曜の夕方はどちらの店にも寄ります。次のことを忘れないでください。ゴラットの予約は4月1日(それ以前は駄目です)に…に電話してください。ピッコロの電話は…です。ピッコロでは巨大なルートビア・フロートをデザートに注文するのをお勧めします。小さいのを注文するのは弱虫です。

我々は同じ3人の財政的ジャーナリストに再び会議で質疑応答期間を導かせます。そして、チャーリーと私に株主が電子メールで彼らを受け入れたという質問をします。 ジャーナリストと彼らの電子メール・アドレスは、以下の通りです:フォーチュンを60歳で昨年引退しましたが、ビジネスと財政問題の専門家であり続けるキャロル・ルーミス; ニューヨークタイムズのアンドリュー・ロス・ソーキン;CNBCのベッキー・クイック。

寄せられた質問から、各ジャーナリストが面白い、重要だと決めた6つを選びます。皆さんの質問は簡潔で、時間ぎりぎりの提出にならないようにして、バークシャーに関係していて、1通のメールに2つ以上の質問が入っていなければ、選ばれる可能性があるとジャーナリストは、私に話してくれました。(電子メールには、質問が選ばれた時に質問者である皆さんの氏名を明かしてよいかどうかを書き添えて下さい。)

バークシャーに従う3人のアナリストによる委員会もあります。今年の保険の専門家はダウリング・アンド・パートナーのゲイリー・ランサムです。非保険事業に質問には、ルアネ・クニフ・アンド・ゴールドファーブのジョナサン・プラントとモーニングスターのグレッグ・オーレン、があたります。我々の望みは、アナリストとジャーナリストが、我々のオーナーの投資に対する理解と知識を増すような質問をしてくれることです。

チャーリーも私も質問へのてがかりも表題もありません。我々はいくつかがタフであることをしっており、それを我々は望んでいます。我々は少なくとも全部で54の質問があると思っています。それぞれのアナリストとジャーナリストから6個ずつ、会場から18個を考慮に入れてです。(昨年は全体で62になりました)若干の延長時間があれば、会場から追加を受けます。会場の質問者はアリーナと主なオーバーフロアにある11本のマイクロフォンに8時15分に待機してください。

チャーリーと私は、株主がみな新しいバークシャー情報に同時にアクセスするべきでありさらにそれを分析する適切な時間を持っているべきである、と信じます。それは、我々が金曜日の市場終了近くに財務情報を出し、土曜日に年次総会を行う理由です。我々は、機関投資家やアナリストとの1対1のミーティングを行いません。我々の望みはジャーナリストとアナリストが投資について株主の皆さんを教育するような質問をしてくれることです。

« ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2014(13) | トップページ | ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2014(15) »

バフェットの手紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2014(14):

« ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2014(13) | トップページ | ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2014(15) »