無料ブログはココログ

« 小川千甕 縦横無尽に生きる(2) | トップページ | Selection from My Favorite Numbers(2) »

2015年5月27日 (水)

Selection from My Favorite Numbers(1)

たまに試みているベストセレクション。飽きもせず、今度は音楽でやってみたいと思います。ただし、私は節操がないので、日本のポップスに限ってみます。ポップスといっても、いわゆる純邦楽とクラシック以外というくらいに考えていただきたいと思います。一人(または一グループ)で一曲を原則として、曲目に簡単な感想を加えてアトランダムに並べて、どんどん紹介していきます。

なお、曲自体を聴いてもらうのが、私の偏った感想とか紹介文より、ずっといいので動画サイトへのリンクを曲名のところに貼っておくことにします。聴きたい場合には、曲名をクリックしてみてください。

それでは、ジャンル分けできるほどキチンと聴いていないので、とりあえずは女声から紹介していきます。

 

矢野顕子「Watching You

ほんわかした曲調でありながら、この演奏の緊張感の高さは只事ではない。アンサンブルなどという生易しさとはほど遠い、各パートがバトルを繰り広げている。ピアノの音色は鋭く、よくこのようなピアノを弾きながら歌うことができるものだ。この曲は“あなたがいて良かった”というフレーズが繰り返され、一貫してメジャーで歌われる。一見、愛の生活の喜びをうたっているようだが、歌詞の語尾は過去形で、“あなたがいて良かった”なのだけれど、現在はどうなのか一言も触れていない。それが分かると、このメジャーの曲がすべて虚しく響いてくる。だからこそ、テンションの高い演奏で、ずっしりと重いシリアスな、その何度も聴ける演奏ではない。

 

谷山浩子「不眠の力」

ビック・ネームの演奏をもうひとつ。矢野顕子以上にクセのある人なので、とくに、そのかん高い声が馴染めるかどうかの関門になると思う。この曲は、あなたを想うという恋の唄から始まって、いつのまにか死の静謐を歌っているという不気味な歌。ビブラートを交えることなく、稚拙とも思える発声で訥々と、言葉を噛みしめるように歌われる背後で、即興的な伴奏が勝手に動きまわる。それが、死の虚しさを歌う声と、宇宙のような混沌とした広がりのような伴奏が、交わることなく並立するようなのが、広い宇宙の中で凛として孤独に立つ人が音楽に現われている稀有の曲だと思う。

参考として、廃墟をうたった 原マスミ「海で暮らす」 も推薦もの。

 

本田美奈子「CHARLIE

若くして病気で逝った歌手のデビュー・アルバムの中の一曲。晩年のミュージカル・ナンバーやクラシカル・ナンバーもいいけれど、若さにかまけて一気に突っ走るロックン・ロール調のノリのいい曲。めったにないような重くシリアスな曲が2曲も続いたので、息抜きを兼ねて、しかし、しっかりと歌っている、パンチも利いている。

 

森口博子「もっとうまく好きといえたなら」

アイドル出身の元気のいいナンバーを続けて。マイナー・ティストのちょっぴり利かせた当時流行の軽快なディスコビートに乗って、印象的なサビが最初に提示されて、インパクトを残す。つづくバラード(物語詩)のような部分は、ビートに乗って演劇の語りのように歌われるうまさと、最終的にはポジティブに、聴く人を元気づける姿勢は、この人の個性だと思う。

 

ちあきなおみ「夜間飛行」

今日の最後は、歌謡曲の大家のヒット・ナンバー。シャンソンやファドといったラテン的なポピュラー・ミュージックの雰囲気を漂わせ、転調と、リズムの転換を劇的に歌い上げる。じっくり聴かせる、味わい深いナンバー。夜は、しっとりと更けてゆく。

« 小川千甕 縦横無尽に生きる(2) | トップページ | Selection from My Favorite Numbers(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564097/61650552

この記事へのトラックバック一覧です: Selection from My Favorite Numbers(1):

« 小川千甕 縦横無尽に生きる(2) | トップページ | Selection from My Favorite Numbers(2) »