無料ブログはココログ

« 山内史朗「天使の記号学」(1) | トップページ | 山内史朗「天使の記号学」(2) »

2015年6月 9日 (火)

コーポレートガバナンス・コードと決算短信

コーポレートガバナンス・コードに従っていることを公表する企業がボツボツ現われてきている。東証のコーポレートガバナンス報告書に、そのような内容のものが出てきた。各企業でも、検討が始まっている。しかし、例えば、その原則のひとつに定性的情報の充実を図ることで、その表現について定型的に陥らず、分かりやすく伝わる工夫をするというのがある。つまり、決算短信や事業報告で「当期における我が国経済は~」で始まる紋切型を安易にとらない、ということだと思っている。とはいっても、今回の多くの決算短信は、未だ紋切型の文章が多かった。次回の第1四半期あたりから変化の兆しが現われてくるのかと、期待している。

« 山内史朗「天使の記号学」(1) | トップページ | 山内史朗「天使の記号学」(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564097/61719556

この記事へのトラックバック一覧です: コーポレートガバナンス・コードと決算短信:

« 山内史朗「天使の記号学」(1) | トップページ | 山内史朗「天使の記号学」(2) »