無料ブログはココログ

« 山内史朗「天使の記号学」(2) | トップページ | 山内史朗「天使の記号学」(3) »

2015年6月10日 (水)

短信文章の覚悟?

決算短信の文章について、紋切型を脱して分かりやすく伝えるためには、企業の事業の特性や事業戦略を深く理解して、それに適した表現を見つけ出さなければならないと思う。多分、紋切型の表現であれば、企業内の営業や開発や経理から情報を寄せてもらって、経営者から簡単に方針をきいて、それを要領よく整理すればできることだ(これも大変なことではある)。しかし、紋切型を脱するには、独自の視点、つまり表現する人の主体が問われる。その視点を見つけるには、各部署からの情報を批判的にみることが出来なくてはならないし、経営者の方針に対しても、投資家とか違った側面から批判できることも最低限必要だ。そのためには、少なくとも、これらの人々に負けない理解が前提になる。そして、最大の点は、その視点に対して、責任を持てる、つまり、それだけ肚をくくる覚悟があるかだと思う。考え過ぎ、意識過剰かしらん。

« 山内史朗「天使の記号学」(2) | トップページ | 山内史朗「天使の記号学」(3) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564097/61724187

この記事へのトラックバック一覧です: 短信文章の覚悟?:

« 山内史朗「天使の記号学」(2) | トップページ | 山内史朗「天使の記号学」(3) »