無料ブログはココログ

« ジャズを聴く(26)~ジョー・ヘンダーソン「テトラゴン」 | トップページ | ジャズを聴く(27)~ジョー・ヘンダーソン「ページ・ワン」 »

2015年7月16日 (木)

コーポレートガバナンスそもそも(15)

コーポレートガバナンス・コードに対応した企業のコーポレートガバナンス報告書がポツポツと提出され、公開されています。東証のホームページで見ることができます。6月1日から実施が始まった、総数で73にわたる原則について、もうすべて検証、確認して、コンプライン・オア・エクスプレイン(則っているか、そうでなければ、そうでない理由や事情を説明する)をひとつひとつ行い、報告書にまとめるというのは、既にコーポレートガバナンス・コードの内容を先進的(?)に取り組んでいる企業だろうと思う。凄いなあ。ただ、報告書を見る限りでは、コーポレートガバナンス・コードに則っている(コンプライン)旨と開示義務のある11原則の開示が逐一報告されている、しかも、主要な方針はその会社のホームページを参照してくださいとの旨が並べてあるという、どちらかというと素気ないものとなっている。だから、報告書だけを読む限りでは、コーポレートガバナンス・コードの本来の目的である、中長期の投資を呼び込むような企業のビジョンや経営体制をイメージできるものではない。そういう企業は別に統合報告書や詳細に織り込んだアニュアルレポートを別に公表しているのだろうと思う。しかし、これらの企業のコーポレートガバナンス報告書を見た、後発の企業が、こういうもので良いのか、とこの部分だけを断片的に前例として右へ倣えと形式的に追従してしまうかもしれない。

« ジャズを聴く(26)~ジョー・ヘンダーソン「テトラゴン」 | トップページ | ジャズを聴く(27)~ジョー・ヘンダーソン「ページ・ワン」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564097/61897339

この記事へのトラックバック一覧です: コーポレートガバナンスそもそも(15):

« ジャズを聴く(26)~ジョー・ヘンダーソン「テトラゴン」 | トップページ | ジャズを聴く(27)~ジョー・ヘンダーソン「ページ・ワン」 »

最近聴いたCD