無料ブログはココログ

最近読んだ本

« ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2015(1) | トップページ | ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2015(3) »

2016年3月 3日 (木)

ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2015(2)

今期のバークシャー

バークシャーの副社長であり、私の長年のパートナーであるチャーリー・マンガーも私も、バークシャーの正規の収益力は年々増加していると思っています。(もちろん、実際の年々の利益は米国経済の弱体化や、おそらく大規模な災害のために下落することがあります)ここ数年は、正規の利益の増加は縮小しています。昨年はよかったのですが。では、今期のハイライトに入りましょう。

 2015年におけるバークシャーの最も重要な発展は、よりよい収益率へと導いたもので、金融関係ではありませんでした。我々のBNSF鉄道は、2014年の業績低迷の後、昨年、顧客サービスを劇的に改善しました。そのような結果に到達させるため、我々は、その年に58億ドルの設備投資をしました。これは、アメリカの鉄道会社の通常の場合をはるかに超え、3年分の減価償却費に相当します。そして、それは有効に使われました。

鉄道、トラック、航空機、船あるいはパイプラインのいずれの輸送手段を含めて、BNSFはトン-マイルあたりの収益で量ると、アメリカの都市間の貨物輸送の17%をシェアを占めています。その点で、我々はアメリカの7大鉄道会社(うち2社はカナダに本拠を置く会社ですが)の中でダントツのナンバー・ワンで、我々にもっとも近いライバル会社に対して貨物輸送のトン-マイルあたりで45%以上取扱量で勝っています。従って、我々が第一級のサービスを維持することは、我々の荷主にとって不可欠であるだけにとどまらず、米国経済の円滑な流通にとっても非常に重要なことなのです。

ほとんどのアメリカの鉄道会社にとって2015年は失望の年でありました。総トン-マイル数は落ち込み、従って収益も減少しました。しかしながら、BNSFは総取扱量を維持することができ、税引き前利益で68億ドル(2014年に対して606百万ドルの増益)という記録的な結果となりました。BNSFのマネージャーであるマット・ローズとカール・アイスにおかげです。

 BNSFは我々の「五つの原動力」というバークシャ・ハサウェイ・エネルギー、マルモン、ルーブソールそしてIMCで攻勢されるグループの中で最も規模の大きな事業です。我々の五つの最も有力な非保険事業であるこれらの会社は、2015年には総計で131億ドルの収益をあげ、これは2014年に比べて650百万ドルの増加となりました。

 五つのうち、バークシャ・ハサウェイ・エネルギーだけでも、2003年に取得してから393百万ドル稼いでいます。その後、我々はすべて現金ベースで4社のうちのもう3社を取得しました。しかし、5番目の会社であるBNSFを買収する際には、現金でコストの約70%を支払い、残りを発行済み株式増加分の未決済分の6.1%をあてました。言い換えると、12年のスパンを通して5社によって127億ドルの年間利益の増加が届けられたのは希釈分だけを伴っているということです。我々を満たすゴールというものは、単純な(収益)成長のみでなく、むしろ一株当たり収益成果の増加だということです。

 来年について、我々は「六つの原動力」の検討をしています。新たに参加するのはプレシジョン・キャストパーツ社(PCC)という320億ドルの現金で1ヶ月前に取得した事業です。PCCは全くバークシャー・モデルに適合しており、我々の正規の1株当たりの収益力を大幅に向上させてくれます。

CEOノマーク・ドネガンの下で、PCCは航空宇宙部品についての世界の主要なサプライヤーになっています。その部品は、会社にとって同じくらい予備品が重要であるけれど、そのほとんどオリジナルの部品として扱われるようになりました。マークの業績は、私にはIMC、それは我々の切削工具を扱う注目すべきイスラエルのメーカーでありますが、そこでヤコブ・ハルパがいつも行使している魔法を思い起こさせます。この二人の男性は、どこにでもある原材料を世界中の主要なメーカーで使われる驚異的な製品に変えてしまうのです。彼らの技術はダヴィンチの天才に比肩します。

PCCの製品は、しばしば複数年の供給契約を取り結ばれて、ほとんどの大型航空機の主要部品となっています。他の部門では30,466人の従業員が、13カ国、162のプラントに従事しています。このようなビジネスの構築において、マークは多くの買収を実行しており、今後も一層実行していくことでしょう。我々は、彼が、バークシャーの資本を展開させていくのを期待しています。

 PCCの取得によって、バークシャーは独立した経営を行なっていれば、フォーチュン500に当然入るような企業を10と4分の1所有することになります。(クラフト・ハインツの27%を我々が所有しているのが、この4分の1に当たります)我々に連絡するに至っていないアメリカの大手企業は98%残されています。我々は待ち構えています。

« ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2015(1) | トップページ | ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2015(3) »

バフェットの手紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2015(2):

« ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2015(1) | トップページ | ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2015(3) »