無料ブログはココログ

最近読んだ本

« ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2015(17) | トップページ | ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2015(19) »

2016年3月30日 (水)

ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2015(18)

ブックワームを必ず訪問してください。何冊かの新刊を含め35冊以上の本とDVDをお届けします。アンディ・キルパトリックはバークシャーを網羅的にカバレッジしてきた最新版を、サイン入りでご案内します。それは1304ページで、重さ9.8ポンドあります。(私がこの本に贈った宣伝文句は「途方もなく貧弱」です)同様にピーター・ベブリンの新刊もどうぞ。ピーターは長いあいだ場へ区シャーの熱心なオブザーバーをやってくれました。

昨年の会議で12,000部も売れたバークシャー50年の記念本の新たな20ページ増補版もあります。キャリーと私は新たな資料を発見しました。我々が発見したのは、グローバー・クリーブランドがエドワード・バトラーやその友達、そして当時バッファロー・ニュースを出版していた会社に宛てた何通かの個人的な手紙です。オリジナルに何も手を加えず、削除もしていません。それで価格は20ドルのままです。チャーリーと私は会議期間中販売される5,000部のうち100部にランダムに共同でサインします。

私の友人、フィル・ベスは“Limping on Water”を書きました。これは彼がキャピタル・シティーズ・コミュニケーションズでの人生を年代順に記録して、皆さんに、そのリーダーであるトム・マーフィーとダン・バーグについて語った自叙伝です。この二人は最高の経営コンビでした。彼らが何をどのように達成したかは、チャーリーと私も称賛します。皆さんが人生においてどのような人になるのかは、誰を称賛し、その真似をするかによって決まります。トマス・マーフィーとともに始めましょう。彼以外の模範は必要ないでしょう。

最後に、ジェレミー・ミラーは“Warren Buffett ’s Ground Rules”を書きました。この本は年次総会でデビューします。ミラーはバフェット・パートナーシップ社の事業の調査と分析とバークシャーの文化が起源からひろがったかを説明するという素晴らしい仕事をしました。投資理論と実践に魅了されるなら、皆さんはこの本を愉しむことができるでしょう。

会議と他のイベントに入場するために必要とする証明書をどのように取得するかについて、レポートに同封した会議の招集通知が説明しています。航空会社は、バークシャの週末の間に、料金を値上げします。もし、遠くから来られるのなら、カンザスシティーとオマハに飛ぶ場合のコストを比較して見て下さい。ドライブは、それぞれ、21.5時間と2時間です。そして、特に、オマハで自動車をレンタルすることを考えているならば、目覚ましくお金を節約することができるでしょう。一組のカップルで1,000ドル以上の節約ができることでしょう。我々と一緒に、その分のお金を使いましょう。

ネブラスカ・ファニチャー・マートは、ドッジ・ストリートとパシフィック・ストリートの間の72番街に77エーカーの敷地にありますが、「バークシャーの週末」特別割引を再びやっています。昨年、この店は、年次総会のセールで44,239,493ドルを売上ました。皆さんが小売業者に、この数字を再現させられれば、彼は皆さんを信じていません。(NFSのオマハ店では週平均の売上は900万ドルです。それは我々のダラス店以外のアメリカ最大の家具店です。)

NFMでバークシャー割引を受けるためには、4月26日の火曜日から5月2日の月曜日の間に買い物をし、さらに、その時に年次総会の証明書を提示しなければなりません。この期間の割引は、通常なら値引きに応じないような名門メーカーの製品に対しても、我々の株主のための週末の趣旨により、特別な例外を行ないます。我々は彼の協力に感謝しています。NFMは月曜から金曜の午前10時から午後9時、土曜日の午前10時から午後9時30分、日曜日は午前10時から午後8時まで営業しています。今年は土曜日の午後5時30分から午後8時に皆さん全員を招待してピクニックを行います。

Borsheimsで株主のみを対象とした2つのイベントを再び開催します。最初は、4月29日金曜日の午後6時から9時のカクテル・レセプションです。第2の、メイン・ガラは、5月1日の日曜日に開催され、土曜日の午前9時から午後4時まで、我々は日曜日の6時まで開いています。店は期間中15秒ごちにチケットを発行します。

週末を通してBorsheimsには巨大な群衆が集まるでしょう。従って、ご参考までに、株主価格は4月25日月曜日から5月7日土曜日まで可能です。その期間中、バークシャーの株主であることを会議の招集通知が仲介証明書を提示して、証明してください。

日曜日にBorsheims外側のモールで、ダラス出身の注目すべき魔術師ノーマン・ベックは見る人は驚かせます。さらに、我々は世界最高のブリッジのプレイヤーであるボブ・アマンとシャロン・オスバーグの日曜の午後に二人が株主の皆様とブリッジができるのです。私は彼らに加わりたいと思います。また、アジットとチャーリーも同様です。

私の友人、アリエル・シンが日曜日にモールにきて、卓球の挑戦者を募ります。彼女が9歳の時に、私は相対しましたが、1点も取ることができませんでした。現在、彼女はプリンストンの3年生で、2012年のオリンピックのアメリカ代表です。恥をかくことを気にしないのであれば、ご自身の技術を彼女に試してみましょう。ビル・ゲイツと私は午後1時に始めます。

ゴラットは再び、5月1日日曜日はバークシャーの株主のために空席を設けています。ゴラットは午後1時の開店から午後10時までです。ゴラットの予約は4月1日(それ以前は駄目です)に…に電話してください。私のお気に入りのレストランのピッコロは閉店したという悲しい知らせをしなければなりません。

我々は同じ3人の財政的ジャーナリストに再び会議で質疑応答期間を導かせます。そして、チャーリーと私に株主が電子メールで彼らを受け入れたという質問をします。 ジャーナリストと彼らの電子メール・アドレスは、以下の通りです:フォーチュンを60歳で昨年引退しましたが、ビジネスと財政問題の専門家であり続けるキャロル・ルーミス; ニューヨークタイムズのアンドリュー・ロス・ソーキン;CNBCのベッキー・クイック。

寄せられた質問から、各ジャーナリストが面白い、重要だと決めた6つを選びます。皆さんの質問は簡潔で、時間ぎりぎりの提出にならないようにして、バークシャーに関係していて、1通のメールに2つ以上の質問が入っていなければ、選ばれる可能性があるとジャーナリストは、私に話してくれました。(電子メールには、質問が選ばれた時に質問者である皆さんの氏名を明かしてよいかどうかを書き添えて下さい。)

質問に付随してバークシャーをフォローする3人のアナリストから質問されます。今年の保険の専門家は野村證券のクリフ・ギャランです。保険以外の部門に対する質問はルーアン・クネフ・アンド・ゴールドファーブのジョナサン・ブラントそしてモーニング・スターのグレッグ・ウォーレンからだされます。我々の望みは、アナリストとジャーナリストが、我々のオーナーの理解と彼らの投資についての知識を高める質問をするということです。

チャーリーも私も質問へのてがかりも表題もありません。我々はいくつかがタフであることをしっており、それを我々は望んでいます。すべてにわたる質問は許されません。われわれはできるだけ多くの質問者に答えたいと思います。

我々は少なくとも全部で54の質問があると思っています。それぞれのアナリストとジャーナリストから6個ずつ、会場から18個を考慮に入れてです。(昨年は全体で64になりました)慣習からの質問者は、年次総会の午前8時15分に会場の11の区画から選ばれます。アリーナと主な副会場に11本のマイクがセットされ、区画で話す助けをします。

チャーリーと私は、株主がみな利益を得ている知識に関して、新しいバークシャー情報に同時にアクセスするべきでありさらにそれを分析する適切な時間を持っているべきである、と信じます。それは、我々が金曜日の市場終了近くに財務情報を出し、土曜日に年次総会を行う理由です。我々は、機関投資家やアナリストとの1対1のミーティングを行いません。そして、我々が他のすべての株主を代表として彼らを扱います。我々にとって自身の蓄えの相当な部分を任せる有限の株主以上に重要なひとは、誰もいません。

« ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2015(17) | トップページ | ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2015(19) »

バフェットの手紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2015(18):

« ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2015(17) | トップページ | ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2015(19) »