無料ブログはココログ

« カラヴァッジョ展(8)~Ⅶ.聖母と聖人のための新たな図像 | トップページ | 勤め先の株主総会 »

2016年6月27日 (月)

ジャズを聴く(36)~ティナ・ブルックス「トゥルー・ブルー」

Jazbrooks 録音期間があまり長くなく、リーダー作が少ないということもあり、“幻”という形容が長らくされてきたプレイヤー。ということは、早熟の天才とか偉大なとかいうビック・アーチストというタイプにはなれない、どちらかというと地味な存在だったといえる。彼を紹介するような文章を見ると、“聴き手を瞠目させる派手なテクニックもなければ、ロリンズやコルトレーンのような強烈なパーソナリティもない”といった否定から入るケースが多い。そしてB級とか二流といった形容をするケースも、ただし決して悪い意味ではなく、親しみ易いとか、渋いとか、実はこういう人がジャズのコアな部分を体現しているといったニュアンスを含んで紹介される。日本で言えば、ヒット曲には恵まれないが、地方公演ではそこそこの集客能力がある実力派の演歌歌手、ファンに言わせれば安易に時流に乗ることなく日本のこころを歌い続けている、というような存在と言ったらよいだろうか。そういうプレイヤーに限って特徴を言葉にすることが難しいのである。事実、ブルックスの録音を聴いて出てくる感想は、「うう、最高!」で終わってしまうのだ。しかし、何が「最高」なのかは、ジャズを聴いたことのない人には何のことやらさっぱりわからない、といった具合だ。つまり、ジャズを聴かない人には聴かれない、また、このようなプレイヤーを好きな人は、たいていの場合、あまり公言せず、そっとしまっておくという扱いをすることが多い。従って、あまり話題になる事もなく、地味な存在であり続ける。
 というわけで、肝心なブルックスの音楽について、あえて私なりに述べてみる。特徴と言えるほど突出しているとは必ずしもいえないが、音色の点で、ややかすれ気味で、派手にブローするようなことはなく、くすんだ感じという、どちらかというと、こうでもないああでもないという否定の方向で語られるタイプの音。しかし、長年ジャズを聴き込んだ年季の入ったファンであれば、これぞハード・バップとでも言いたくなる音色なのだ。そういう音で、ブルックスは“泣きのフレーズ”とでも形容されるブルージーなフレーズを適度に散りばめながら、ただし、同じようなフレーズを発展させていくのではなく、数小節単位で全く違う音列を持ったフレーズを次から次へと重ねていく。それを自然にギャップを感じさせず流麗に聴こえる。そのため“泣き”がくどくなっておセンチに堕すことなく、ときに平凡なメロディでも次のフレーズとの関係が加わり独特の味わいが生まれてくる。誤解を恐れずに言えば、マクリーンとモブレーの間とでもいったらよいだろうか。一発の必殺フレーズで聴き手をノック・アウトするのではなくて、小さなパンチを繰り出し、それがボディー・ブローのように、その瞬間は気がつかないのだけれど、後になって徐々に効いてくる。そういうタイプのプレイをしている。
 だから、ブルックスはファンの好き嫌いが分かれるというタイプではなく、知る人ぞ知るとなってしまうのは、このようなプレイ・スタイルにも大きな要因があると思う。

 

True Blue

Jazbrooks_blue  Good Old Soul
 Up Tight's Creek
 Theme For Doris
 My Melancholy Baby
 True Blue
 Miss Hazel
 Nothing Ever Change My Love For You 

  Tina Brooks (ts)
  Sam Jones (b)
  Art Taylor(ds)
  Duke Jordan(p)
  Freddie Hubbard(tp)  

 1960年6月25日録音
 一曲目の「Good Old Soul」からこの手のタイプが好きな人ならスッと入り込んでくる佳曲。ブルックスのテナーとフレディ・ハバードのトランペットのユニゾンのテーマで始まる。突っかかるような2つの音の音型につづき後ろ髪引かれるようなマイナー調のフレーズが続く。そのイメージはアーシーとかブルージーとか言われるのだろう。そこには、どこかくたびれたような哀感が漂っているように受け取られるメロディになっている。それについて行くように、ピアノ、ドラム、ベースの溜めのきいたミディアムテンポのリズムがつく。その後にティナのサックスのソロが始まるが、声高にブローしたり派手なフレーズに飛躍することなく、マイナーの哀感を保ちつつ中低音の響きを基本として重心の低い調子でアドリブを展開する。そこには緊張感あふれるスリルはないものの、安定してリラックスしてアドリブに身を任せる心地よさがある。そのような安定感とマイナーな雰囲気を壊さない気配りは、テナーのかすれ気味で地味な音色や適度に力の抜けた音の質も効果をあげている。逆にアドリブ・フレーズが安定しているからこそ、音色や語り口を味わうということが出来る。その具合が絶妙なのだ。続く、フレディのトランペットのソロは、ティナに引きずられるように、トランペットのテナーに比べて幾分か力は入っているものの輝かしい高音は控えられて、中音域を中心に展開され、短くピアノに引き継がれる。誰もが雰囲気を保ちつつ、かといって情緒に溺れることなく最後に盛り上がり気味にユニゾンでのテーマに戻るというお決まりのパターンだが、そこに斬新さとかそうものはないが、それだけにこれぞジャズというような心意気が漲って感じられる。この最初のナンバーがこのアルバムでは一番の聴き所と言っても過言ではない。次の「Up Tight's Creek」では一転して、テンポは上がり、リズムはラテン風に軽快にのって、フレディのトランペットが全体を引っ張るようにノリノリで始まると、ティナのテナーが軽快に続く。そして、レコードのA面最後の「Theme For Doris」は短い曲ながら、ピアノのリズミックなフレーズからティナのサックスのしぼり出すような音色とテーマからラテン系のリズムに乗って、ここではティナひとりがソロを展開させる。ここでのソロを聴いていると、ティナという人は音色と語り口で聴かせるであることがよく分かる。
 レコードで言えば裏面に変わると雰囲気は変わってアーシーとかブルージーな味わいから、アグレッシブな演奏になる。アルバムのタイトル曲「True Blue」は短いフレーズを細かく繰り返すハード・バップの展開で、ここではティナのソロは様々な細かいフレーズを次々にもってきてつないでいく特徴的なアドリブを聴かせる。そのフレーズに意外性があって、フレーズのつなぎ方の流麗さによって目ただなくなっているが、このアルバムの中ではもっともスリリングなソロになっている。続く、フレディのトランペットは短い時間ながら、まさにここだけ飛翔している。次の「Miss Hazel」もアップテンポのアグレッシブな演奏。ここでのティナのソロの流れるような滑らかなフレーズはこのアルバム中でも際立っていて、違った様々なフレーズを持ち込みながら一つのメロディのように聴かせている。この歌心ある展開は、ハンク・モブレーを彷彿とさせ、しばらく聴いていたい欲求に駆られる。そして、そのようなティナのプレイに沿うように、トランペットやピアノの雰囲気をつなぐようにプレイしていて、演奏全体を統一感あるものにしている。それがアルバム全体を通して、一つのトーンを形づくっているところに、このアルバムの大きな特徴がある。ティナはもちろん、他のメンバーがこのトーンを大切にして演奏をつくっているという作品。

« カラヴァッジョ展(8)~Ⅶ.聖母と聖人のための新たな図像 | トップページ | 勤め先の株主総会 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« カラヴァッジョ展(8)~Ⅶ.聖母と聖人のための新たな図像 | トップページ | 勤め先の株主総会 »