無料ブログはココログ

« 正しいということと責任が持てるということ | トップページ | パランリンピック考の蛇足 »

2016年9月19日 (月)

パラリンピック考

パラリンピックが終わりました。オリンピックほどではありせんが、連日、テレビや新聞で日本勢の活躍を含めた盛り上がりを伝えていたようです。私は、ハンディキャップを負った人を身近に感じてはいないし、知識があるわけではなく、このようなことに対する偏見を否定できない人間です。だから、見当違いであるかもしれませんが、パラリンピックで競技している人々は一生懸命なのでしょうけれど、それを観戦する人や、報道している模様を眺めていると、何か居心地の悪さを感じます。
 このような言い方は揶揄的なのかもしれせんが、普通の人には負っていない障害を持ってしまった障害者という普通でない人が、苦労して普通の人がすることを同じようにするエピソードを感動的として消費する。最近のはやり言葉でいえば「感動ポルノ」です。障害を乗り越えてスポーツをするというパラリンピックは、そういう感動ポルノの宝庫で、まさにテレビ新聞では、そのようなエピソードをテンコ盛りで伝えていたように見えました。パラリンピックで競技している人々を見て、「自分の人生はうまく行っていないけれど、もっとひどい人だっているんだ」と思わせるためのものです。「あんな大変な人もいるんだ」と、自分を慰めることができるわけです。そのような時、そういう人は、往々にして「彼らは勇敢だ」とか「元気をもらった」とか「感動をありがとう」とか言うことになるわけです。
 最近、民放テレビ局の24時間テレビに対して批判的な意見が寄せられていたようですが、パラリンピックは下手をすれば、それが全世界レベルになって、国家も関与していることになるわけです。
 そのひとつとして、パラリンピックについて障害者に対する福祉の立場であれば、これほど大規模なイベントにして世界的な規模で放送等をする必要はないはずです。それは、ひとつの文化として独自の価値とか意味をもっているはずで、オリンピックの真似事であればそうまでする必要はないはずで、例えば、義足で走る姿の美しさとは何かということなどがオリンピックの競技の美しさとは別の価値基準で示されていてもいいのではないでしょうか。果たして、パラリンピックをめぐるコメントには、そういうことはありませんでした。古代オリンピックが開催された古代ギリシャで理想の姿とは真善美です。それが身体に体現された姿があらわれた場としてオリンピアがあったわけで、もともとスポーツの理想はそこにひとつの源があったもので、スポーツには美という理想があるわけです。しかし、私には、正直言って、パラリンピックを美しいとは思えませんでした。そこに、誰かに、従来とは異なる新たな美の基準を示してもらえないかと思うのです。
 そのとき、パラリンピックが、感動ポルノとは無縁の独自の価値を持つものとなるのではないかと思うのです。これは、私の偏見かもしれせん。

« 正しいということと責任が持てるということ | トップページ | パランリンピック考の蛇足 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も居心地の悪さを感じている一人です。
しかし健常者として障碍を直視することに慣れる場でもあるのではないか、などとその意義を考えています。
障碍者も見られることに慣れる機会になっているのではないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564097/64227839

この記事へのトラックバック一覧です: パラリンピック考:

« 正しいということと責任が持てるということ | トップページ | パランリンピック考の蛇足 »