無料ブログはココログ

« 歌舞伎とシェークスピアの違いはビジネスの違いに通じる? | トップページ | スマップは話題だけで業績の評価がないのか? »

2016年12月24日 (土)

標準化とマニュアルの雑感

 メソッド、つまり手順という姿勢。ビジネスにすれば、仕事の手順を明確化、標準化し、それをマニュアルというかたちに残すということになるでしょう。仕事の手順を明確化、標準化するということは、属人的な特殊技能とか熟練といったもの、Aさんにしかできなくて、その仕事をBさんが替わって同じようにできないようなことを排して、AさんでもBさんでも、誰でもできるようにする。一般化すること。それは、言い換えれば共通部分をピックアップすること。それは、少し言い過ぎのところはあるかもしれませんが、本質を抽出するということに近いと思います。
 以前ある人に言われたことですが、哲学というのはHOWという問いを突き詰めたものだというのです。近代ヨーロッパに始まる学問というものは基本的にはすべて方法論です。哲学はその究極というわけですから、首肯できるものと言えます。したがって、仕事の手順を明確化、標準化し、それをマニュアルにするということと、西欧発の学問もベースは同じで、現象を抽象化、概念化してロジカルに記述するという操作と言うことができます。つまり、マニュアルに記された手順というのは、その仕事の本質ということになります。普遍化した本質を各個人が実行するというのは、普遍に対する個別、本質に対する実存、こうなると、まるで哲学と同じではないかと思います。
 実際に仕事の手順を明確化、標準化し、マニュアルを作るという作業は、客観的であること─例えば、その仕事の現場の当事者だけでなく外部の者、新入社員のような予備知識を持たない人やISOの監査官のような社外者のような人にも理解できるようなこと─が求められます。そのためには、客観的に仕事の手順を見ることから始めなければなりません。それは、その仕事の渦中から一歩退いて、冷静に観察することが最低限必要となるものです。それは、こじつけると反省的意識(認識)ということになり、その反省的意識によって、マニュアルという体系を論理的に組み立てるということは、反省的意識を出発点にして、実際の存在を括弧にいれて、概念を論理で組み立てて理念的な世界を構築するということになります。まさにカントの純粋理性にちかいものではないかと愚考するのです。そこでは、その理念が人の行為の理想ということで、それを目指すということが善ということになります。つまり、カントの倫理学でいうと善意志ということになるでしょうか。つまり、マニュアルに示されたものが本質的な理想であるとして、それを目指すことが善とされます。そこでは、実際に実存している個人の個性のようなものは本質的な理想に対するノイズとみなされます。さらに、機械であれば、人とは違って個性はないからノイズは抑えられるという発想に進んでしまう可能性が高いということになり、機械化に対する親和性が極めて高いということになります。
 その結果、マニュアルは、極言すれば、反省的意識で仕事の本質を抽出したあるべき姿をロジックで構築した理念的な世界だということになります。例えば、Aさんという人がAさんであらしめているのが本質。その本質をとりだして、例えばDNAでもいい、それを完全にコピーして再現することができたとすると、そこで再現したAさんの本質は、しかし、片Aさんである私ではない。完全にコピーしたはずなのに何が違うのかというと、難しいことでなく、単に、私ではないからということになります。私はわたしであることは、それだけでコピーも置き換えもできません。その私ではないということだけをピックアップしたのが実存ということができます。それは、マニュアルにとってはノイズとなるものです。なぜなら、Aさんのやっている仕事の本質を他の人が完全に再現しなければいけないから、それができてはじめて、Aさんの仕事を他の人が替わってできるから。そうでないと効率的な、正確にいうと生産性の高い仕事の体系がつくれないから。それは、難しげな言い方をすれば、理想である本質の体系とか世界をつくって、存在をそれに適合させるように改造していく。いってみれば世界を操作するという人工的な世界に作り変えてしまものです。それは、理念にもとづいて構想した理想世界に現実を変えていこうというもの。それは、マルクスが夢想し、ソ連が実現させようとした共産主義社会もその例だろう。マニュアルの目指すものは、形こそ違え、目指すという点では同一だということになります。

« 歌舞伎とシェークスピアの違いはビジネスの違いに通じる? | トップページ | スマップは話題だけで業績の評価がないのか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564097/64669574

この記事へのトラックバック一覧です: 標準化とマニュアルの雑感:

« 歌舞伎とシェークスピアの違いはビジネスの違いに通じる? | トップページ | スマップは話題だけで業績の評価がないのか? »