無料ブログはココログ

最近読んだ本

« ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(7)~規制された、資本集約的な事業 | トップページ | ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(9)~製造、サービスと小売活動(2) »

2017年3月 7日 (火)

ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(8)~製造、サービスと小売活動(1)

製造、サービスと小売活動
 このグループの会社は、アイスキャンディーから飛行機までわたる製品を販売します。グループ全体の要約貸借対照表と損益計算書から見ていきましょう。(貸借対照表と損益計算書は省略)
 この財務概要には、本部に直接報告する44の事業が含まれています。 しかし、これらの企業の中には、傘下に多くの個人事業があります。 たとえば、マモンには175の独立した事業があり、幅広い市場に対応しています。また、バークシャ・ハサウェイ・オートモーティブは9州で83のディーラーを所有しています。
 このビジネスの中には、レバレッジをかけない正味固定資産に対する収益によって測定された(つまりROE)、税引き後利益で100%を越える驚異的な経済的成果をあげているも会社が数社あります。他の会社は12~20%という範囲の好成績をあげています。
 しかしながら、わずかな会社は、私が主な仕事である資本の分配で重大な間違いを犯した結果、非常に貧しいリターンしか上げられませんでした。ほとんどの場合、当初はこれらの企業や事業の経済的特徴を評価を誤りました。私は誤った判断のために代償を支払っています。私は、実際に動いている会社や産業の経済力に対する評価において誤りを犯していました。私は今後もより多くの誤りを犯すでしょう。それは十分予想可能です。 幸いにも、チャーリーは決して恥ずかしがり屋ではなく、私の最悪のアイデアには「いいえ」と言ってくれます。
 単独の実体としてみると、グループのそれぞれの会社はすぐれたビジネスです。これらの会社は2016年には平均で240億ドルを有形固定資産に使い、僅かなレバレッジと大量の余剰資金と税引き後で24%の利益を得ています。
 もちろん、支払いが度を越していれば、いくら素晴らしい経済学を備えた経営であっても、悪い投資となるのです。我々のビジネスの大部分は固定資産に相当なプレミアムを支払っています。それは、我々が“のれん”に対して示す大きな数値を反映したコストです。しかし、全体として、我々はこのセクターで展開させた資本上の相当なリターンを得ています。不況がなければ、デュラセルとキャストパーツ精密(両方とも2016年に買収)が初めてこのグループに一年間の利益をもたらすため、グループの収益は2017年に拡大する可能性が高いです。さらに、デュラセルは、再発しない2016年に大幅な移行費用を被った。
このグループには、ここで我々が個々にコメントするのに追いつかないほど、あまりにも多くの会社があります。その上、現在あるいは潜在的な競争者がこの報告書を読むことでしょう。もし、彼らが具体的数値を知ってしまったら、幾つかの分野で我々は不利な立場になってしまうかもしれません。それで、バークシャーの評価のサイズに満たない事業では、必要とされることを報告するだけにします。皆さんは90~94ページで我々の事業の多くについて詳細を見ることができます。しかし、それはバークシャーの森林が成長することに注意してください。 単一の木に過度に集中するのは愚かなことです。
***********
 数年間、私はこの部門に示されている収入と支出のデータがGAAPに準拠していないことを伝えました。 私は、この相違は、主として、約19年の平均期間にわたる特定の無形資産の完全償却を必要とする購入会計調整に関するGAAP規則のために起こったと説明しました。 我々の見解では、これらの償却費用の大半は真の経済的コストではない。 この部門の処理についてGAAPから逸脱することで我々が目指すところは、チャーリーと私がそれらを見て分析する方法を反映する形で数字を提示することです。
 54ページでは、未払額の無形固定資産154億ドルについて、年間償却額で償却しています。2016年の償却費は2015年から384百万ドル増加し、15億ドルとなりました。私の判断は、2016年の約20%であることを示しています(償却前の無形資産は新たに買収されることになります) 料金は「実際の」費用です。
 最終的には、償却費は関連資産を完全に償却します。 このような状況が発生すると(ほとんどの場合15年目)、バークシャーのビジネスの根底にある経済状態に真の改善がなければ、GAAPの利益は増加します。 (私の後継者に私の贈り物。)
 私が誇張であると信じているGAAP費用について説明したので、私は会計ルールによって作られたあまり楽しくない歪みに移りましょう。 今回の対象はGAAP規定の減価償却費であり、必然的に過去の費用に基づいています。 しかし、特定のケースでは、これらの費用は真の経済的費用を大幅に控えめにしています。 1970年代と1980年代のインフレが蔓延していたこの現象について、無数の言葉が書かれていました。 ポール・ボルカー氏による英雄的な行動のおかげで、インフレが沈静化したため、減価償却費の不足が問題になっていませんでした。 しかし、鉄道業界では、多くの償却可能な項目の現在のコストが歴史的なコストをはるかに上回っているため、この問題は依然として大きな打撃を与えています。 必然的な結果は、鉄道業界全体で報告された収入が実際の経済収入よりもかなり高いことです。
 BNSFでは、詳細に至るまで、昨年のGAAP減価償却費は21億ドルでした。 しかし、我々はその合計を、年間ではなく、それ以上に費やすことになったので、我々の鉄道はすぐに悪化し、競争力が低下するでしょう。 現実には、単に我々自身を保有することです – 我々は、減価償却のために示すコストよりもはるかに多くを費やす必要があります。 さらに、何十年にもわたって大きな格差が広がります。
 全部話しました。チャーリーと私は我々の良い購入の一つだった我々の鉄道が大好きです。
***********

« ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(7)~規制された、資本集約的な事業 | トップページ | ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(9)~製造、サービスと小売活動(2) »

バフェットの手紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(7)~規制された、資本集約的な事業 | トップページ | ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(9)~製造、サービスと小売活動(2) »