無料ブログはココログ

最近読んだ本

« ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(2)~我々が達成したいと望んでいるもの(1) | トップページ | ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(4)~自社株買い »

2017年3月 2日 (木)

ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(3)~我々が達成したいと望んでいるもの(2)

 バークシャーの正規の収益を大幅に増やすための我々の努力は、アメリカ経済のダイナミズムによって後押しされるでしょう。我々の国の成果を要約するひとつの言葉、それは奇跡です。240年前の建国から、私は地上の人生の3倍に満たない期間で、アメリカ人は人間の知恵や市場システム、才能ある野心的な移民の流入、法の原則を融合させることで、祖先の夢を超えるほどの豊かさを実現しました。
 我々のシステムがいかにうまく機能しているかを理解するには、経済学者である必要はありません。ちょっと周りを見てください。75百万の持ち家、豊かな農地、260百万台の車両、高い生産力の工場、大きな医療センター、才能を集めた大学、その他何でも見ることができるでしょう。それらのすべては1776年の不毛な土地、原始的な建物、貧弱な生産からアメリカが始めた成果です。ゼロからのスタートで、アメリカは90兆ドルの富を蓄えるまで至ったのです。
 もちろん、住宅、自動車、およびその他の資産のアメリカの所有者は、購入の資金調達のために頻繁に沢山の借金をしたことは事実です。 ただし、所有者が返済の義務を怠れば、その資産そのものは消えたり失われたりすることはありません。 むしろ、その所有権は所有者から習慣的にアメリカの貸出機関に引き渡され、アメリカの買い手のものとなります。 私たちの国の財産は無傷のままです。 ガルトルート・スタインが書いたように、「お金はいつもありますが、(そのお金の入っている」ポケットは変わります」。
 とりわけ、アメリカの豊かさを生み出したのは、我々の市場システム、つまり資本、頭脳、労働を巧みに調整する経済の交通整理です。 このシステムはまた、報酬の配分の第一の要因となっています。 連邦、州、地方の課税を通じた政府の再配分によって、恩恵のかなりの部分の分配が決定されました。
 例えば、アメリカは、その生産年齢の市民が老人と若者の両方を助けるべきだと決めました。 そのような形の援助は、「受給権」として恩恵を受けることもありますが、一般的に高齢者に適用されると考えられています。 しかし、毎年400万人のアメリカの赤ちゃんが公教育を受ける資格を持って生まれていることを忘れないでください。 主に地方政府で資金を調達しているという、そのための社会の責任は、赤ちゃん1人当たり約15万ドルになります。 年間費用は6,000億ドルを超え、GDPの約31.2%になります。
 しかし、我々の富が分配されるにしても、あなたの周りの驚くほどの金額の富は、ほとんど独占的にアメリカに属しています。 もちろん、外国人は富の控えめな部分を所有しているか、または持っていると主張しています。 しかし、このような持分は、国のバランスシートにとって重要なものではありません。私たちの市民は、海外の資産をほぼ同程度所有しています。
 初期のアメリカ人は、それ以前後の世紀の人々よりも、賢明ではなく、勤勉でもありませんでした、このことは強調しなければなりません。しかし、先見の明がある先駆者は、人間の潜在力を解き放つシステムを作り出しました。
 この経済的創造は、将来的に私たちの子孫に豊かな富をもたらすでしょう。 そうです。富の蓄積は時折短期間の中断があります。 しかし、全体として、それは止められません。 私は過去に何度も言っていたことを繰り返し、将来にはこう言うでしょう:今日アメリカで生まれた赤ちゃんたちは、歴史の中で最も幸運な収穫です。
***********
 アメリカ経済の業績は、株主にとって驚異的な利益をもたらしました。 20世紀中、ダウ・ジョーンズ・インダストリアルズは66倍から11,497倍に増加しました。これは17,320%のキャピタル・ゲインで、着実に増加した配当によって大幅に増強されました。 傾向は続きます:年末までに2016年までに、指数はさらに72%上昇して19,763になりました。
 アメリカのビジネス、ひいては一籠の株式は、これから数年ではるかに価値があることになると確信しています。 イノベーション、生産性の向上、起業家の精神と豊富な資本はそこに見られます。 常に存在する懐疑的な人たちは、暗い見通しをもとに市場で売買することによって成功するかもしれません。 しかし、彼らが売り歩くナンセンスに従って行動しても、天国は彼らを助けるでしょう。
 もちろん、多くの企業が追い越され、一部の企業は失敗するでしょう。 そのような種類の企業をより分けることは、市場のダイナミズムの産物です。 さらに、今後数年間は、事実上すべての株式に影響を与える主要な市場の減退 - パニックさえ – が時折、発生することになるでしょう。 これらのトラウマがいつ発生するのか誰にも分かりません。私もチャーリーも、エコノミストも、メディアも誰も教えてくれません。 ニューヨーク連邦準備制度理事会のメグ・マコーネルは、パニックの現実を適切に解説しました。「私たちは、体系的なリスクを探すのに多くの時間を費やします。 しかし、実際には、私たちのなかに見つかる傾向がある。」
 このような恐ろしい時期に、皆さんは2つのことを忘れないで覚えていてください。第一に、広範な恐怖は、購入すべき投資先のバーゲンを引き起こすので、投資家にとっては友人と考えるということです。 第二に、個人的な恐怖はあなたの敵です。 それはまた保証されません。 高いコストと不必要なコストを避け、大規模で保守的にアメリカの企業へのファイナンスを長期的に構える投資家は、ほぼ確実にうまくいくでしょう。
 バークシャーの場合、我々の規模は魅力的な結果をもたらしません。将来の収益は、資産が増加して、落ち込むでしょう。それにもかかわらず、バークシャーの良質なビジネスの集まりは、会社の堅固な財務力とオーナー志向の文化などにおかげで、適切な結果をもたらすはずです。 我々はより少ない結果に満足することはありません。 

« ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(2)~我々が達成したいと望んでいるもの(1) | トップページ | ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(4)~自社株買い »

バフェットの手紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(2)~我々が達成したいと望んでいるもの(1) | トップページ | ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(4)~自社株買い »