無料ブログはココログ

最近読んだ本

« ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(3)~我々が達成したいと望んでいるもの(2) | トップページ | ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(5)~保険業(1) »

2017年3月 3日 (金)

ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(4)~自社株買い

自社株買い
 投資の世界では、自社株取得に関する議論はしばしば熱くなります。 しかし、私はこの討論の参加者が深呼吸をすることをお勧めします:自社株買いの好ましさを評価することはそれほど難しいことではありません。
 退出する株主の観点からは、自社株取得は常にプラスです。 これらの購入の日々の影響は通常はごくわずかですが、売り手にとって買い手を増えることは常に良いことです。
しかし、株主であり続けるには、固有の価値を下回る価格で株式を購入する場合には、自社株取得は意味をなさないでしょう。 その規則に従うと、残りの株式は固有の価値が即時に増加することになります。シンプルなアナロジーを考えてみましょう。3,000ドルの価値のビジネスに3人の平等な共同経営者がいて、1人が経営権を900ドルで買収された場合、残りの経営者はそれぞれ50ドルの即時利益を実現します。 ただし、退出した経営者に1,100ドルが支払われた場合、継続している経営者はそれぞれ50ドルの損失を被ります。 企業やその株主にも同じ数学が適用されます。 それゆえ、自社株取得行為が株主の価値向上または価値破壊の問題であるかどうかは、すべて購入価格に依存します。
 したがって、企業の買戻発表は、自社株取得が避けられる以上の価格を参照することはほとんどありません。 経営陣が外部の事業を買収しているのであれば、それは確かに当てはまりません。 そこでは、価格は常に買うか買わないか決定の要因となります。
 しかし、CEOや取締役会が自社株を少しずつ買っていると、彼らはあまりにもしばしば価格に気付かないように見えます。 少数の株主しか持たないオーナー企業を経営していて、そのうちの1社を買うという知恵を評価していれば、彼らは同様に行動するでしょうか? もちろん違います。
 たとえ会社の株式が低価格であっても、自社株取得が行われるべきではない2つの機会があることを覚えておくことは重要です。 1つは、事業が自社の業務を保護または拡大するために利用可能な資金をすべて必要とし、さらに債務を追加することも不快な場合です。 ここでは、資金の内部的なニーズの方が優先されるべきです。 この例外は、もちろん、必要な支出が行われた後、ビジネスの将来がちゃんと見えていることを前提としています。
 ビジネス取得(または他の投資機会)が、潜在的な自社株取得者の過小評価された株式よりもはるかに大きな価値を提供する場合、2つ目の例外はあまり一般的ではありません。 昔、バークシャー自身はしばしばこれらの選択肢のどれかを選択しなければならなりませんでした。現在の規模では、問題ははるかに起こりにくいです。
 これは私の提案ですが、自社株取得について話し合う前に、最高経営責任者(CEO)と理事会は立ちあがり、手に加わりし、それと同時に一同に「ある価格で賢いのは別の価格では馬鹿だ」と言明すべきです。
***********
 バークシャーの自己株の自社株取得に関する方針を要約すると:我々の取締役会がその基準にしたがった購入が継続的な株主に瞬時かつ実質的な利益をもたらすと結論付けているため、私はバークシャーの株式の大部分を帳簿価格の120% かそれ以下の価格での購入を許可します。我々の見積もりによる、帳簿価額の120%は、固有の価値の計算が正確ではないため、適切な利鞘のあるバークシャーの固有の価値に対する重要な割引です。
 私の認可は、当社の株価を120%のレートで「支える」ことを意味するものではありません。 その水準に達すると、市場に過度の影響を及ぼさないという目標を掲げ、価値ある価格で有意義な購入をするという欲求と兼ねあわせようとします。
 今日まで、我々の自社株を買い戻すことは困難であると分かりました。 これは、自社株取得の方針を明確にし、バークシャーの固有の価値が帳簿価格の120%を大幅に上回っているとの見解を示しているからです。 もしそうなら、それは問題ありません。 チャーリーと私は、バークシャーの株式が、不当な高値で売ることを望んでおらず、本質的な価値の上下かなり狭い値幅で売れていることを望んでいます。低すぎる価格で、購入に失望した所有者も望ましくありません。 さらに、割引で共同経営者を買収することは、特にお金を稼ぐための喜ばしい方法ではありません。 それでも、市場の状況によっては、自社株取得が継続している株主または退出する株主の両方に利益をもたらす状況が生まれる可能性がある。 もしそうなら、私たちは行動する準備が整います。
 このセクションのための最終的な所見:自社株取得の対象が沸騰するにつれ、生産的な努力に必要な資金を転用する企業の不正行為とみなして、一部の人々はこのことをアメリカ的でないと言います。 これは単にそうではありません。アメリカの企業と個人投資家の両方が、今日、賢明に展開されることを期待している資金を溢れるほど持っています。 私は、近年資本が不足して潰れてしまった魅力的なプロジェクトの例を知りません。 (候補者がいる場合は私たちに電話してください。)

« ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(3)~我々が達成したいと望んでいるもの(2) | トップページ | ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(5)~保険業(1) »

バフェットの手紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(3)~我々が達成したいと望んでいるもの(2) | トップページ | ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(5)~保険業(1) »