無料ブログはココログ

最近読んだ本

« ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(12)~「賭け」(またはあなたのお金がウォール街へ行く途中を見つけるように)(1) | トップページ | ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(14)~「賭け」(またはあなたのお金がウォール街へ行く途中を見つけるように)(3) »

2017年3月12日 (日)

ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(13)~「賭け」(またはあなたのお金がウォール街へ行く途中を見つけるように)(2)

 私の見解では、ヘッジファンド投資家のこの賭けが期待はずれとなった結果は、将来的には再発する可能性がほとんど確かです。 私は、賭けが始まったとき(そしてそれがまだそこに掲示されている)、ロングベッツのウェブサイトに掲示された声明にその信念の理由を説明しました。 ここに私が主張したものがあります:
 S&P500は、2008年1月1日から2017年12月31日までの10年間で、パフォーマンスが料金、費用および経費を基礎として測定される場合、ヘッジファンドの資金のポートフォリオを上回ります。
 非常に賢明な人々の多くは、証券市場で平均以上の成果をあげています。彼らを積極的な投資家と呼んでください。
 受動的投資家である彼らの反対側は、当然、ほぼ平均的な成果をあげています。総額では、彼らのポジションは、インデックスファンドのポジションとほぼ同じです。 したがって、領域のバランス(活発な投資家)は、平均的にもそうする必要があります。 しかし、これらの投資家は、はるかに大きな経費がかかります。 したがって、これらのコストの後での集計結果は、受動的投資家の場合よりも悪いものとなります。
 活発な投資家の方程式に、多額の年会費、高額の業績報酬、積極的な取引コストがすべて追加されると、コストが急上昇します。 ヘッジファンドの資金は、ファンドの資金が投資されているヘッジファンドによって請求される大きな手数料に手数料が重なるため、このコスト問題を強調します。
 多くの頭の良い人々がヘッジファンドを運営しています。 しかし、彼らの努力は自己中立化であり、IQは投資家に課すコストを克服しません。 投資家は、平均して時間の経過とともに、低コストのインデックスファンドでは、ファンドオブファンドのグループよりもうまくいくでしょう。
 それが私の主張でした - そして今私は単純な方程式に入れてみましょう。 グループA(アクティブ投資家)とグループB(何もしない投資家)が総投資領域を構成し、Bがコストの前に平均結果を達成することが運命づけられていれば、Aもそうでなければなりません。 (私の側の研究者は、述べる価値ないけれど、細かいところを述べる必要があるといいます。細かいことはしませんが、この策定を少し修正しています)。また、グループAには莫大な費用がかかると、その不足分は相当です。
 もちろん、長期的にS&Pを上回る可能性が高い熟練者もいます。 私の生涯を通じて、私は、早い段階で、この偉業を達成する可能性のある専門家を10人かそこらしか見つけていません。
 私が一度も会ったことがなく、私が特定した人々の能力と同等の能力を持つ人は、数百人、おそらくは何千人もいることは間違いありません。 結局のところ、仕事は不可能ではありません。 問題は単純にもう一度の実行しようとする大部分のマネージャーが失敗することです。 皆さんから資金を募集している人が、うまくいくのかという例外的な人ではないという確率は非常に高いです。 60年前に長年に渡って優れた投資収益をもたらすと確信していたビル・ルアン - 本当にすばらしい人間であり、男性です - 彼はよく言いました「投資管理において、進歩は革新者から模倣者、猛烈な無能な人へと伝わる。」
 彼または彼女の給料に値する貴重な高額報酬のマネージャーの捜索をさらに複雑にするのは、一部のアマチュアと同じように、投資専門家も短い期間は幸運であるという事実です。1000人のマネージャーが1年の初めに市場予測を行う場合、少なくとも1つのコールは9年連続で正しいと思われます。もちろん1000匹のサルは、まったく賢明な預言者を生み出す可能性が高いでしょう。 しかし、違いは残ります:幸運なサルは、人々が彼と一緒に投資するために列を作っているのを見つけることはないでしょう。
 最後に、投資の成功が失敗を生み出す原因となる3つのそれぞれ関連した現実があります。 第一に、すぐれた記録が急速にお金の流れを引きつけます。 第二に、膨大な金額は、投資パフォーマンスの錨として常に機能します。何百万人は簡単で、何十億は苦労する。第三に、ほとんどのマネージャーはそれにもかかわらず、自分の個人的な方程式のために新しいお金を探します。つまり、管理している資金が多ければ多いほど、手数料は高くなります。
 これらの3つのポイントは私には新しいことではありません。1966年1月、私が4,400万ドルを管理していたとき、私は有限責任のパートナーに以下のように手紙を書いていました。「私は、規模を拡大することは、将来の結果を傷つける可能性がかなり高いと感じています。 これは自分の個人的な結果には当てはまらないかもしれませんが、皆さんの結果には本当らしいでしょう。したがって・・・私はBPLのパートナーを追加して増やすことを認めないつもりです。 私はスージーに、子供がもう一人あれば、他の協力者を見つけるのは彼女次第であると私は知らせました。
 結論:ウォール街関係者が高額の手数料を徴収して数兆ドルを管理している場合、大規模な利益を享受するのは、通常はクライアントではなく、マネージャーになります。 大小両方の投資家は、低コストのインデックスファンドにこだわるべきです。
***********
 アメリカの投資家のために最も成功した人物を称えるために彫像が建てられた場合、疑問の余地のなく選ばれるのはジャック・ボグルでなければなりません。 ジャックは数十年間、投資家に超低コストのインデックスファンドへの投資を促してきた。 彼の改革運動では投資家に大いなる報酬を約束していたマネージャーや、賭け金のように付加価値がないものの、何も提供していない、わずかな割合の富を集めました。
 はじめのうち、ジャックはしばしば投資管理業界に嘲笑されました。 しかし、今日では、何百万人もの投資家が、貯蓄率をはるかに上回るリターンを実現する手助けをしてくれたことに満足しています。 彼は彼らと私の英雄です。
***********

« ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(12)~「賭け」(またはあなたのお金がウォール街へ行く途中を見つけるように)(1) | トップページ | ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(14)~「賭け」(またはあなたのお金がウォール街へ行く途中を見つけるように)(3) »

バフェットの手紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(12)~「賭け」(またはあなたのお金がウォール街へ行く途中を見つけるように)(1) | トップページ | ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(14)~「賭け」(またはあなたのお金がウォール街へ行く途中を見つけるように)(3) »