無料ブログはココログ

最近読んだ本

« ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(11)~投資 | トップページ | ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(13)~「賭け」(またはあなたのお金がウォール街へ行く途中を見つけるように)(2) »

2017年3月11日 (土)

ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(12)~「賭け」(またはあなたのお金がウォール街へ行く途中を見つけるように)(1)

「賭け」(またはあなたのお金がウォール街へ行く途中を見つけるように)
 このセクションでは、9年前に行った投資の賭けの話と、次に投資についての強い意見のいくつかを紹介します。 しかし、スターターとして、賭けの役割を果たしたユニークな機関であるロングベッツについて簡単に説明したいと思います。
 ロングベッツはアマゾンのジェフ・ベゾスによって種をまかれ、皆さんが推測するものを管理する非営利団体として運営されています。それは長期的な賭けです。 参加するには、「提案者」はロングベッツのネット・サイトに命題を投稿します。これは、遠くの日付に間違いがないかどうかが証明されます。 彼らは反対側の人々が賭けの反対側を取るのを待つ。 「疑惑のある人」が進むと、それぞれの側が慈善団体と名づけられます。 ロングベットで賭けを止める。 ロングベッツのウェブサイト上でその位置を守る短いエッセイを掲載しています。 賭けが終了すると、ロングベッツは勝利した慈善団体に報酬を与えます。
 ロング・ベッツの非常に興味深いサイトで見つかるものの例を次に示します。
 2002年、起業家ミッチ・ケイパーは、コンピュータが人間を偽装することができたかどうかを扱う チューリング・テストを通過した2029年までにはコンピュータないしは「人工知能」がチューリングテストに合格しないと主張しました。 発明家レイ・カーツワイルは反対する意見をとりました。 それぞれは10,000ドルで自身の意見をバックアップした。 私はこの賭けに誰が勝つのか分かりませんが、チャーリーを複製することなどコンピュータにはできっこないと確信しています。
 同じ年、マイクロソフトのクレイグ・ムンディは、パイロットのいない飛行機が2030年までに旅客を定期便で運航すると主張していましたが、グーグルのエリック・シュミットはそうではないと主張しました。 賭けの元手はそれぞれ1,000ドルでした。 エリックが彼の大規模な表明から経験しているかもしれない気分の悪さを緩和するために、私は最近、彼の行動を取るように提案しました。 彼はすぐに私と一緒に500ドルを取り下げました。(私は2030年に私の支払いを寄付するために周りにいるという彼の仮定が好きです。我々 は負け なければなりませんか)
 さて、私の賭けとその歴史。バークシャーの2005年の年次報告書では、私は専門家による積極的な投資管理が、単にじっとしていたランクアマチュアが達成したリターンを下回っていると主張しました。 私は、様々な「ヘルパー」によって徴収された高額な手数料が、アマチュアが単に管理されていない低コストのインデックスファンドに投資した場合よりも、顧客を失うことになると説明しました。 (私が2005年の報告書で最初に述べたように、議論の再版については、114~115ページを参照してください)。
 その後、50万ドルの賭け金を公募して、投資のプロが5つ以上のヘッジファンド(広く普及している高額投資の手段)を選択することはできないと提案しました。それは、形だけの料金だけを請求している管理されていないS&P-500インデックスファンドのパフォーマンスには長期的には同等だからです。私は10年のベッツを提案し、低コストバンガードS&Pファンドを私の候補者と名づけました。 その後、私は戻ってきて、ファンドマネジャーが名乗りをあげ(彼ら自身のファンドを5人のうちの1人として含むことができる)、彼らの職業を守り、防衛することを期待して待っていました。 結局のところ、これらの管理者は、他の人に彼らの能力に何十億もの賭けを賭けるよう促しました。 なぜ彼らは自分のお金をラインに少しずつ置くのを恐れるべきですか?
 その後に続いたのは沈黙でした。 投資する株の選択の能力を宣伝することによって膨大な財産を集めた何千人ものプロの投資マネージャーがいるにもかかわらず、テッド・セイダース1人だけが私の挑戦に応じました。 テッドは、限られたパートナーからファンド・オブ・ファンド、つまり複数のヘッジファンドに投資するファンドを形成するために資金を調達したアセット・マネージャーであるプロジェット・パートナーズの共同マネージャーでした。
私は賭けの前にテッドを知りませんでしたが、私は彼が好きで、彼の口を出したらところに金を出すという心持ちを賞賛します。 彼は私に対して率直で、彼と私が賭けを監視するのに必要なすべてのデータを提供するのに細心の注意を払っています。
 テッドは、10年の賭けのプロジェット・パートナーズのために、結果を平均化して私のヴァンガードS&Pインデックス・ファンドと比較する5つのファンド・オブ・ファンドを選びました。 彼が選んだ5人は、100を超えるヘッジファンドに資金を投資していたため、ファンド・オブ・ファンドの全体的なパフォーマンスは、単一のマネージャーの良い結果と悪い結果によって歪められないことを意味していました。
 それぞれのファンド・オブ・ファンドはもちろん、投資したヘッジファンドから課された手数料を上回る手数料の層で運営されていました。 この倍増の取り決めでは、より大きな手数料が基礎となるヘッジファンドによって徴収されました。 それぞれファンド・オブ・ファンドは、ヘッジファンド・マネジャーを選択する際の想定スキルに追加料金を負担しました。
 賭け金の最初の9年間の結果がここにあります。それは、オマハのGirls Inc.(私が獲得した賭け金を得るために指定した慈善受益者)が、来年の1月に熱心にメールを開設する組織になることの間違いない証拠です。
 インデックスファンドの年間増算は7.1%であり、これは長期的には株式市場にとって典型的なものであることを容易に証明することができます。 これは重要な事実です:このベットの有効期間にわたって市場で特に弱い9年間は、おそらくヘッジファンドの相対的なパフォーマンスを助けたでしょう。 逆に、株式からの例外的に高い収益の9年間は、インデックスファンドのための追い風をもたらました。
 その代わりに、我々は "中立的"環境と呼ぶところで活動しました。 その中で、5つのファンドは、2016年まで複利で平均2.2%の資金しか調達していません。 つまり、これらの資金に100万ドルを投資すれば、220,000ドルの利益を得ることになります。 一方、インデックスファンドは854,000を獲得しました。
 原ヘッジファンドの100以上のマネージャー全員は自身の最善を尽くす巨大な財政的な誘因があったことを心に留めておいてください。さらに、原ファンドの結果にパフォーマンス料金を得る資格があったので、テッドが選んだ5人のファンド・オブ・ファンズ・マネージャーが可能な限りの最高のヘッジファンド運営者を選ぶために同じようにインセンティブを受けました。
 ほとんどすべてのケースで、両方のレベルのマネージャーが正直で知的な人々であったことは確かです。 しかし、彼らの投資家のための結果は暗いものでした。 また、すべてのファンドとファンドオブファンズが負担した巨額の固定報酬(パフォーマンスによって全く正当化されなかった報酬)は、経営者が9年間にわたって補償を受けていたほどのものでした。 ゴードン・ゲッコウが言っていたように、「料金は決して眠れません。」
 我々の賭けの原ヘッジファンドのマネージャーは、有限責任のパートナーから、通常のヘッジファンド標準の「2と20」(2%の固定報酬を意味しています。 利益の20%(よい年の後に悪い年が続く場合)の支払いを受けました。 この不均衡な取り決めの下で、ヘッジファンドオペレーターが管理下にある資産を単純に積み重ねる能力は、投資が十分に実行されなかったとしても、これらのマネージャーの多くを非常に豊かにしました。
 それでも、我々は手数料なしということはありえません。 資金調達のファンドマネージャーもいたことを覚えておいてください。 これらのマネージャーは通常、資産の1%に設定された追加固定金額を受け取ります。 その後、5つのファンド・オブ・ファンドのおそろしい全体的記録にもかかわらず、若干の良い年を経験し、「パフォーマンス」を集めた人もいました。 その結果、私は9年間でおよそ60% -うっ!- 5つのファンド・オブ・ファンドによって達成されたすべての利益のうちの2つが2つのレベルのファンドマネージャーに回されました。 それは、何百もの有限責任のパートナーが楽に手に入れることができたものに及ばない達成に対する彼らの軽蔑すべき報酬でした。

« ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(11)~投資 | トップページ | ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(13)~「賭け」(またはあなたのお金がウォール街へ行く途中を見つけるように)(2) »

バフェットの手紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(11)~投資 | トップページ | ウォーレン・バフェット「株主への手紙」2016(13)~「賭け」(またはあなたのお金がウォール街へ行く途中を見つけるように)(2) »