無料ブログはココログ

最近読んだ本

«  私はブルックナーをこう聴いている(15)~ⅩⅥ.第3楽章(2) | トップページ | 株主に対してもガバナンスを? »

2017年7月 1日 (土)

株主総会は不平等?

 昨日で6月が終わりましたが、6月の終盤は日本の上場会社の定時株主総会が集中して開かれた時期で、テレビや新聞のニュースでも話題になった会社の株主総会が記事になっていました。私は、以前は、会社の中で、株主総会の準備や運営に携わっていたことがあり、今でも、他の人よりは注意して見てしまっています。そこで、細かいことなのですが、ずっと疑問に思っていたことがありました。あまりに基本的なことで、訊ねるのも恥ずかしかったし、自分なりに色々と調べて見ましたが、答えは見つかりませんでした。それは、株主総会の多数決のことなのです。
 会議等の集まりで、何事かを決めようとすれば、メンバーの間で議論を重ねて、疑問点を明らかにし、相手に対して説得が試みられ、利害の対立があれば調整が行われるといった、いわゆる熟議によって、ある人は最初持っていた意見を変えたりすることもあるでしょうし、そういうことを踏まえて最終決議で結果を出すことに至るわけでしょう。理想としては全会一致が望ましいのでしょうが。現実的には、メンバーが多ければ難しいので、多数決ということになるわけです。
 そういう原則は、会議とか議会と名のつくもの、ほとんどすべてにあてはまり、株主総会も例外ではありません。それはそれでいいのですが。株主総会だけに、特徴的で、他の会議ではおよそみられない特徴があります。それは、多数決する際にメンバーの投票権が平等ではないということです。例えば、国会での決議では国会議員が1人1票で決をとります。その中で、国会議員で1人2票を投票できる人はいません。内閣総理大臣であろうが、当選したての無所属の新人議員であろうが、同じように1票を投じます。それが平等です。これは、他の議会でも会議でも原則として1人1票の原則で決議が行われます。しかし、株主総会は違います。株主一人で100票の投票ができるような制度になっていて、それが平等であるということになっているのです。それは、持ち株数に応じて投票するということです。これは、株主というのは会社の持ち主であってお金を投資しているのであるから、その投資に応じて発言権が強かったり弱かったりするのだ、というのが理由の説明としてあるのでしょうが。これって納得できるほど、筋が通っているでしょうか。気持ちは分かりますが、金を出している分、口も出させろということは、果たして平等といえるのか。例えば、国でも地方公共団体でも、税金をたくさん払っている人は選挙権を他の人の数倍持っているでしょうか。あるいは、財産を出し合っている集まりであれば、マンションの管理組合なんて、マンションの部屋の広さや価格は違うし、払っている管理費は一律ではないはずですが、投票権は1人1票です。
 そもそも論でいえば、そもそも人が集まって相談して物事を決める会議とか議会というのは、一人で決めてしまうと間違う確立は半々だけれど、人が集まれば間違う確率は減るし、正しい答えが得られるとは限らないが、正しい答えに近い答えを得る確率が高いからやっているものです。国会にしても、株主総会にしても、政府や会社にとって非常に重要なことを、間違って決めるしまわないために、人が集まって、正解に近い答えを導くのが目的です。そのために、集まった人々が様々な視点から忌憚なく意見をたたかわせる熟議が必要になるわけです。その熟議をおこなうためにも集まる人々が遠慮したりすることのないように平等であることが必要となる。その際に、議論する人々の間にあらかじめ格差があると、遠慮とかあきらめが、議論の前に生じてしまうのではないでしょうか。そうであれば、正しい答えから遠ざかることになってしまう。おそらく、株主総会という会議の議論については、そういう会議の原則とは違う原則がなければおかしいとはずなのですが、それが、私の探し方がおかしいのか、見つかりません。会議での議論という常識から考えると、株主総会は変です。
 ひとつ、理由として想像できるのは、最初に株式会社をつくったときに(歴史の教科書では東インド会社ということになっていますが)、そこで、たまたま、深く考えないでやってしまったことを、何も考えずに前例として踏襲して、みんなか真似して、そういうものということになってしまった、という馬鹿馬鹿しい理由で、今のところ、これが一番納得できるものです。
頭脳明晰で偉い、経営学や会社法の学者が、そうであれば、とっくの昔にひはんしているはずなので、そんなことは、現実にはありえないはずでしようが。

«  私はブルックナーをこう聴いている(15)~ⅩⅥ.第3楽章(2) | トップページ | 株主に対してもガバナンスを? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 株主総会は不平等?:

«  私はブルックナーをこう聴いている(15)~ⅩⅥ.第3楽章(2) | トップページ | 株主に対してもガバナンスを? »