無料ブログはココログ

« 没後40年 幻の画家 不染鉄(2)~第1章 郷愁の家 | トップページ | 没後40年 幻の画家 不染鉄(4)~第3章 聖なる塔・富士 »

2017年12月12日 (火)

没後40年 幻の画家 不染鉄(3)~第2章 憧憬の山水

Fusenkannon ここまで作品を見てきて、感じたことは、不染という人は、おそらく西洋の油絵のデッサンの修業などしなかったでしょうが、そういう視野をもともと持っていた人ではないかとということです。つまり、他の日本画家とは違う目をもともと持っていた。それで、他の画家と同じように日本画を描こうとした。そこで、もともとの目が違うのだから、描かれた作品は違ってくる。そこで、ここでの展示の山水です。不染は、風景を主な画題としていれば山水画を描いてもおかしくはないとは思います。しかし、このような不染ですから、描いてしまった山水画は、例えば「雪景山水」といった作品のような、およそ、一般的な山水画とは違って、単にシロクロの陰影による山岳風景ということになってしまうようで、それがとても面白かった。ここで描かれている山は、山水画のパターンのような記号的な山ではなくて、ちゃんとした地形の山です。山容という立体の奥行きや山が連なっている奥行きが地形としてリアリスティックなのです。しかも、山腹の樹林が細かく一歩一本描きこまれ、雪の深く積もった斜面から樹木が突き出ているような、それぞれの質感が描き分けられています。筆に墨をつけて描いているから水墨画ですが、もしペンにインクで描いていれば、ペンによるスケッチということになってしまうでしょう。それほど、リアルで細かいし、西洋画的な空間が構築されていると思います。この作品のような、微塵の曇りのない、どこまでも明晰な風景に比べると、他に展示されていた作品は、水墨画らしくなって、不染の特徴である細かさが影を潜めてしまって、つまらなくなってしまっいるという印象です。

このコーナーは展示作品の数も多くはないし、こんなのも描いていたという程度のものではないかと思います。

しかし、最後に展示されていた「聖観世音」は線描による観音像で、その線の微妙で多彩な変化だけで、観音像を描き切ってしまっている。無駄を削ぎ落とした、飾り気のかけらもない描写で、見せてしまう力業はすごいと思いました。

« 没後40年 幻の画家 不染鉄(2)~第1章 郷愁の家 | トップページ | 没後40年 幻の画家 不染鉄(4)~第3章 聖なる塔・富士 »

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564097/66148840

この記事へのトラックバック一覧です: 没後40年 幻の画家 不染鉄(3)~第2章 憧憬の山水:

« 没後40年 幻の画家 不染鉄(2)~第1章 郷愁の家 | トップページ | 没後40年 幻の画家 不染鉄(4)~第3章 聖なる塔・富士 »