無料ブログはココログ

« 内部監査担当者の戯言(11) | トップページ | オットー・ネーベル展(2)~1.初期作品 Early Works »

2018年5月 1日 (火)

オットー・ネーベル展(1)

2017年11月4日(土)Bunkamuraザ・ミュージアム
Nebelpos  ちょうど母校の学園祭のこの日、大学のサークルのOBで集まって旧交を温めようと、午後にキャンパスで待ち合わせ。折角都心に出るのなら、と早めに家を出た。昼前の渋谷は休日でもあるのか人手が多い。いつものことだが、Bunkamuraザ・ミュージアムへは電車を降りてから建物に入るまでの間が、まったく雰囲気もへったくれもなく、ただ人ごみを我慢しながら早足で駆け抜けるのが好きになれない。美術館に入ると、休日の昼前という時間ゆえか、もともと知名度がそれほど高くない画家の展覧会であるがゆえか、作品の前で順番待ちをすることもなく、かといって閑散としているというのでもない、落ち着いて作品を見るのにちょうどいいほどの静けさと緊張感のある雰囲気。わたしも、この画家については、その名前を聞いたこともありませんでした。折角都心に出るのだからついでにどこか寄り道しようと、美術館でもと物色していたら、この宣伝パンフレットの画像とシャガール、カンディンスキー、クレーと一緒に活動していたというので興味をもったのでした。
 この画家の簡単な紹介とこの回顧展などついて主催者あいさつから引用します。“主にスイスで活躍したドイツ出身の画家オットー・ネーベル(1892年~1973年)は、1920年半ばにワイマールに滞在し、バウハウスでワシリー・カンディンスキーやパウル・クレーと出会い、長きにわたる友情を育みました。特に、その後半生を過ごしたスイスのベルンでは、共にドイツから移住した晩年のクレーを支え、家族ぐるみの交流を持っています。ベルンのオットー・ネーベル財団の全面的な協力を得て開催される日本初の回顧展となる本展は、バウハウス開校100周年(2019年)を前に、若い日のバウハウス体験に始まり、素材やマティエールを追求し続けた画家ネーベルの知られざる画業を、風景を色彩で表現した『イタリアのカラーアトラス(色彩地図帳)』を始めとするスケッチブックとともに紹介します。さらには、建築、演劇、音楽、抽象、近東など彼が手がけたテーマに沿って、クレーやカンディンスキー、シャガールなど同時代の画家たちの作品も併せてご紹介することで、色と形の冒険家たちの一人として、ネーベルが様々な画風を実験的に取り入れながら独自の様式を確立していく過程に迫ります。”また、この回顧展に協力したというオットー・ネーベル財団からのメッセージではネーベルを次のように紹介しています。“1892年にベルリンで生まれたネーベルは、画家であると同時に詩人でもありました。彼は、言語と造形芸術が交わる領域での実験を可能にするふたつの天分を備えていたということになります。若い時分における建築技術者としての修業経験は彼の作品の多くに反映されており、われわれはネーベルにおける色彩と形の体系的な分析を、『イタリアのカラーアトラス(色彩地図帳)』や、記号とルーン文字を用いた抽象的な作品を通して知ることができるのです。”この紹介では、具体的なことが何も語られておらず、というよりは言えないといった方が適当かもしれません。この紹介でも名前が出てくるカンディンスキーやクレーのように美術ファンが見れば、ひと目でそれと識別できるような突出したものを具体的に指摘できるような画家ではないということです。その代わりに、かれらと親しく付き合ったという人柄とか、そういうものを紹介せざるを得ないというタイプ。芸術運動の中にいながら、スターの影に隠れて埋没している、人柄はよくて、それなりに運動を進める力はあるけれど、運動に貢献するところで、そこからの果実はスターに持っていかれてしまう、そういうタイプを紹介するさいには、このような紹介の仕方になってしまうのでしょう。この回顧展の主催者でも、シャガール、カンディンスキー、クレーといった人たちの作品をもってきて、ネーゲルとの付き合いとか時代の雰囲気といって並べて展示していたのは、ネーゲルの作品のみの展示では場が保たないと感じたからではないかと思います。私の言い方は意地悪でしょうが、実際の作品を見ていくうちに、そういうネーゲルの苦労と、結構いけるのではないかという発見もありました。実際、展示に見入って、予定していた時間に美術館を出ることができなくなって、集まりに遅刻してしまうことになってしまいました。それは、これから見ていきたいと思います。
プロローグ:オットー・ネーベル─「シュトゥルム」と「バウハウス」時代の芸術家
1.初期作品 Early Works
2.建築的景観 Architectural Views
3.大聖堂とカテドラル Domes and Cathedrals
4.イタリアの色彩 The Colours of Italy
5.千の眺めの町 ムサルターヤ Musartaya, the City of a Thousand Views
6.「音楽的」作品 《Musical》 Works
7.抽象/非対象 Abstract/ Non-objective Paining
8.ルーン文字の言葉と絵画 Runes in Poetry and Image
9.近東シリーズ The Near East Series
10.演劇と仮面 Acting and Masks
11.リノカットとコラージュ─ネーベルの技法の多様性 Linocuts and Collages-Otto Nebel’s Technical Diversity

« 内部監査担当者の戯言(11) | トップページ | オットー・ネーベル展(2)~1.初期作品 Early Works »

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564097/66672718

この記事へのトラックバック一覧です: オットー・ネーベル展(1):

« 内部監査担当者の戯言(11) | トップページ | オットー・ネーベル展(2)~1.初期作品 Early Works »