無料ブログはココログ

« ルドン─秘密の花園(1) | トップページ | ルドン─秘密の花園(3)~2.人間と樹木 »

2018年6月25日 (月)

ルドン─秘密の花園(2)~1.コローの教え、ブレスダンの指導

Redonpeyrelebade  初期というか習作期の作品が並んでいました。とりたてて悪口や罵倒の言葉を並べるつもりはありませんし、むしろ、私の絵を見る目がないことを白日のもとにさらすことになることなることも分かっていますが、このコーナーに展示されている作品は、子どもが学校のお絵かきの時間に課題で描かされて教室の壁に貼って作品、あるいは下手の横好きの日曜画家が家族に邪魔扱いされながら自宅の居間に飾って悦に入っているような作品にしか見えません。ルドンというサインがはいっているからこそ見る人がいる作品でしかない。後年の画家の片鱗がうかがえる作品なのかというと、そもそも私には、この展覧会でルドンとはどういう画家なのかが分からなかったせいもあって、それもかなわなかった。それだけです。簿用とか月並みという印象で、中途半端なところは、ちゃんと余白を残さないで描けよと叱責したくなるような。敢えて言えば、「ペイルルバードの小道」という作品の左上の空の青が展覧会パンフレットの作品の背景で塗られている青を想わせるくらいでしょうか。

« ルドン─秘密の花園(1) | トップページ | ルドン─秘密の花園(3)~2.人間と樹木 »

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564097/66869560

この記事へのトラックバック一覧です: ルドン─秘密の花園(2)~1.コローの教え、ブレスダンの指導:

« ルドン─秘密の花園(1) | トップページ | ルドン─秘密の花園(3)~2.人間と樹木 »