無料ブログはココログ

« パリに生きた銅版画家 長谷川潔 展─はるかな精神の高みへ─(1) | トップページ | パリに生きた銅版画家 長谷川潔 展─はるかな精神の高みへ─(3)~Ⅱ.渡仏 表現の模索から確立へ(1919~1941) »

2019年4月 9日 (火)

パリに生きた銅版画家 長谷川潔 展─はるかな精神の高みへ─(2)~Ⅰ.日本時代 版画家へ(1913~1918)

 長谷川が画家を志し、当時の創作版画に興味をもちますが、それは木版画で、後の彼の作品とは印象が異なるものです。ただし、詩人の日夏耿之介のカットを制作していたといいますから、耽美的・神秘主義的な傾向に親近性を持っていたことが分かります。この頃の作品は、ここであげるようなものはありません。

« パリに生きた銅版画家 長谷川潔 展─はるかな精神の高みへ─(1) | トップページ | パリに生きた銅版画家 長谷川潔 展─はるかな精神の高みへ─(3)~Ⅱ.渡仏 表現の模索から確立へ(1919~1941) »

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パリに生きた銅版画家 長谷川潔 展─はるかな精神の高みへ─(1) | トップページ | パリに生きた銅版画家 長谷川潔 展─はるかな精神の高みへ─(3)~Ⅱ.渡仏 表現の模索から確立へ(1919~1941) »