無料ブログはココログ

« 坂田一男 捲土重来(8)~Ⅳ-1.戦後2 残された資料─時間の攪乱=アナーキーなアーカイブ | トップページ | ハンマスホイとデンマーク絵画(1) »

2020年3月 8日 (日)

坂田一男 捲土重来(9)~Ⅳ-2.戦後3 黙示録=捲土重来

Sakatapower  晩年の作品です。このコーナーのタイトルが意味深で、晩年のデッサンの中にキリストの復活=勝利を思わせるような図像があるという説明があったためだろうと思いますが、私には、いくら説明されても、見ているかぎりでは、こじつけに思えました。そんなことよりも、ここで展示されている作品は、さらに、これまでの坂田の地道な作品とは異質な、なんだか同じ作者なのかと目を疑うような作品です。
 「力学的構成」という作品です。以前に見た「コンポジション(メカニック・エレメント)」の多数の線が整然と引かれている作品の厳格なほどの構成を崩したような作品で、「コンポジション(メカニック・エレメント)」の水平の構成をぶち壊すような、あるいは水平の断層を透けて通ってしまうような円形や曲線が縦断していて、画面が錯綜しているような、それでいて、混沌にはなっていない不思議な作品です。しかも、白と黒を続けてみていた眼には、この作品の色遣いが多彩で鮮やかに見えてきます。たしかに、説明の言葉を先入観とすれば、この画面の円形と曲線でつくられている形態は天使が宙を舞っている姿に見えなくもありませんが・・・
 この展覧会は監修者が名乗って、その考えを明確にして、展示においても、その考えを前面に押し出しているところが、とても珍しい展覧会だったと思います。一つには、坂田一男という、鑑賞者には、それほど知られていない作家であり、抽象的な作風の作家の展覧会だったから、やりやすい面のあった。また、監修者が有名でない、この作家に焦点を当てたということもあるかもしれない。それがゆえに、見ていて、余計なおせっかいと感じられる(この感想でも、そういう監修者の説明に、いちいち反論しているところありますが)ところもありますが、このような方針が明確で、展示にもそれが明確に反映されているという展覧会は、私は好きです。とにかく作家のネームバリューで、作品を数多く集めただけの展覧会に比べると、とっつきやすい。この展覧会は、そのような主催者の意志とか誠意がストレートに出ているのが感じられたので、威儀を正して、正面から向き合うのが礼儀だ、というのは言い過ぎですが、普段に増して真剣になったので、見ている途中で疲れてしまいました。それはまた、坂田という作家の作品が自分なりに味わうのに取っ付き難いところがあったもたしかです。しかし、そういう疲れというのは、充実感と裏腹で、このような展覧会がもっと増えてほしいと思いました。

« 坂田一男 捲土重来(8)~Ⅳ-1.戦後2 残された資料─時間の攪乱=アナーキーなアーカイブ | トップページ | ハンマスホイとデンマーク絵画(1) »

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 坂田一男 捲土重来(8)~Ⅳ-1.戦後2 残された資料─時間の攪乱=アナーキーなアーカイブ | トップページ | ハンマスホイとデンマーク絵画(1) »