無料ブログはココログ

最近読んだ本

« ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2019(4)~損害保険 | トップページ | ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2019(6)~投資 »

2020年4月26日 (日)

ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2019(5)~バークシャー・ハサウェイ・エナジー

 バークシャー・ハサウェイ・エナジーは現在、我々のグループの下で20周年を迎えます。その記念日は、我々が会社の業績に追いつくべきであることを示唆しています。
 電気料金のトピックから始めましょう。2000年にバークシャーがユーティリティ事業に参入し、バークシャー・ハサウェイ・エナジー(BHE)の株式の76%を購入したとき、アイオワ州の同社の住宅顧客は、キロワット時あたり平均8.8セント(kWh)を支払っていました。それ以来、住宅顧客の電気料金は年に1%未満しか上昇しておらず、2028年まで基本料金の値上げはないと約束しました。対照的に、他の投資家が所有するアイオワのユーティリティでは、次のことが起こっています。それが住宅顧客に請求する率はBHEのものより61%高かった。最近、その電力会社は格差を70%に拡大する金利引き上げを受けました。
 我々の電気料金と他社のとの異常な違いは、主に風力発電することにおける我々の大きな成果の結果です。2021年には、BHEの運営により、アイオワ州が所有および運営する風力タービンから毎時約2520万メガワットの電力(MWh)を発ですると予想しています。 その出力は、約2460万MWhに達するアイオワ州の顧客の年間ニーズを完全にカバーします。 言い換えれば、私たちのユーティリティはアイオワ州で風力の自給自足を達成したでしょう。
 対照的に、その他のアイオワのユーティリティの風力発電は全体の10%未満です。さらに、2021年までに風力の自給自足の地位を獲得したであろう投資家が所有するユーティリティが他のどこにあるかはわかりません。2000年、BHEは農業ベースの経済に貢献していました。今日、5大顧客の3つはハイテク大手です。アイオワにプラントを設置するという彼らの決定は、部分的には、再生可能で低コストのエネルギーを供給するBHEの能力に基づいていたと思います。
 もちろん、風は断続的で常に吹いているとはかぎりません。アイオワ州の私たちの風車は一部の時間しか回りません。風がふいていない特定の期間には必要な電力を確保するために、非風力発電能力に注目します。反対に、風力が私たちに提供する余剰電力を他のユーティリティに販売し、いわゆる「グリッド」を通じてそれらにサービスを提供します。私たちが販売する力は、炭素資源、たとえば石炭、または天然ガスの必要性に取って代わります。
 バークシャー・ハサウェイは現在、ウォルター・スコット・ジュニアおよびグレッグ・アベルと提携してBHEの91%を所有しています。BHEは私たちの購入以来、バークシャー・ハサウェイに配当を支払ったことはなく、年月が経つにつれ、280億ドルの収益を維持しています。そのパターンは、公益事業の世界では異常値であり、その会社は通常、大きな配当を支払い、時には収益の80%に達するか、それを超えることさえあります。 我々の見解では、投資できる額が多ければ多いほど、それが気に入ります。
 今日、BHEには、1,000億ドル以上の投資を必要とする真に巨大なユーティリティ・プロジェクトを管理する運用能力と経験があり、国、コミュニティ、株主に利益をもたらすインフラストラクチャをサポートできます。我々はそのような機会に立ち向かう用意があり、進んで対応できます。

« ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2019(4)~損害保険 | トップページ | ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2019(6)~投資 »

バフェットの手紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2019(4)~損害保険 | トップページ | ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2019(6)~投資 »