無料ブログはココログ

最近読んだ本

« ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2019(2)~利益を維持する力 | トップページ | ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2019(4)~損害保険 »

2020年4月24日 (金)

ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2019(3)~非保険事業

 バークシャーの重要な取締役であり、ビジネスマネージャーの中で最高の人物であるトム・マーフィーは、買収について次のように重要なアドバイスをしてくれました。「良いマネージャーとしての評判を得るには、必ず良いビジネスを購入することだ。」
 長年にわたり、バークシャーは何十社もの企業を買収してきましたが、そのすべてを当初は「良い企業」と見なしていました。しかし、一部は後になってがっかりするものであることが明らかになりました。また、いくつかは完全な災厄となりました。他方で、それなりの数の企業は我々の期待以上の企業でした。
 このように良かったり悪かったりした買収の結果を顧みると、私は買収は結婚に似ているという結論にたどり着きました。もちろん、結婚は喜びに満ちた結婚式から始まりますが、現実は結婚前の期待とは異なる傾向があります。時には、驚くべきことに、結婚はそれぞれが一人で期待した以上の至福をもたらすことがあります。それ以外の場合では、幻滅は迅速です。このようなイメージを企業買収に適用すると、不愉快な驚きに遭遇するのは通常は購入者の方であると言わざるを得ません。企業に対して求愛するように買収しようとするとき、簡単に、夢みるように見てしまうのです。
 この譬えに従えば、我々の夫婦関係の残したものは大体が受け入れ可能であり、すべての当事者はずっと前に下した決定に満足しています。私たちの提携のいくつかは、積極的に満足できるものでした。しかし、ある程度の数の企業は、すぐに、私が買収しようとしたとき、何を考えていたのかと不思議に思うことになってしまいました。
 幸いなことに、多くの場合の失敗の影響は、そのような企業に共通する次のような特徴によって徐々に小さくなっています。すなわち、年月の経過とともに、「貧しい」ビジネスは停滞する傾向があり、その結果、バークシャーの資本の中で、そのビジネスに必要な割合がますます小さくなるということです。他方で、我々の「良い」ビジネスは、成長し、魅力的なレートで追加の投資の機会を見つける傾向があります。 これらの対照的な軌道のために、バークシャーの勝者で採用された資産は、徐々に私たちの総資本の拡大部分になります。
 これらの金融活動の極端な例として、バークシャーのオリジナルのテキスタイル・ビジネスをご覧ください。 1965年の初めに私たちが会社の支配権を取得したとき、この厄介な事業には、バークシャーの資本のほぼすべてが必要でした。したがって、しばらくの間、バークシャーの収益のないテキスタイル事業は、全体的な収益に大きな影響を及ぼしました。しかし最終的に、1980年代初頭までにテキスタイル事業の縮小に伴い資本のごく一部しか活用できなくなったので、他の「良い」ビジネスの資本に占める割合が広がりました。
 今日、我々は皆さんのお金のほとんどを、優良ないしは優れた収益リターンを達成するビジネスの事業推進に必要とする有形資産に投資しています。中でも、我々の保険事業はスーパースターでした。その運用には、多くの投資家にとってなじみのない、成功を調整するためのユニークな測定基準を与える特別な特性があります。その議論は次のセクションのために保存します。
 次の段落では、経営者や株式市場は時々投資家に無視するよう促しますが、我々は、利息、減価償却費、税金、非現金補償、リストラ費用の後、収益のサイズ別にさまざまな非保険事業をグループ化しています。これらの結果の詳細については、報告書のK-6~K-21ページおよびK-40~K-52ページを参照してください。
 私たちのBNSF鉄道とバークシャー・ハサウェイ・エナジー(「BHE」)(バークシャーの非保険グループの2頭の先導犬)は、2019年に合計83億ドル(BHEの91%のシェアのみを含む)の利益となり、2018年から6%増加しました。
 次の5つの非保険子会社は、収益でランク付けされていますが(ここではアルファベット順に表示されています)、クレイトン・ホームズ、インターナショナル・メタルワーキング、ループリゾール、マモン、プレシジョン・キャストパーツは2019年の利益合計は48億ドルで、2018年とほとんど変わりません。
 同様にランク付けされリストされた次の5社(バークシャーハサウェイ・オートモーティブ、ジョンズ・マンビ、ネットジェッツ、ショウおよびTTI)は、昨年の利益は19億ドルで、2018年の17億ドルから増加しました。
 バークシャーが所有するその他の非保険事業は多数の会社がありますが、2019年の総利益は27億ドルで、2018年の28億ドルに対して減少しました。
 我々が管理する非保険事業からの2019年の総純利益は、このグループが2018年に計上した172億ドルから3%増加して、177億ドルに達しました。買収や売却は、これらの結果にほとんど影響しませんでした。

***********

 バークシャーの事業の広い範囲を強調する最後の項目を1つ追加しなければなりません。我々は、2011年以来、オハイオ州に本拠を置くリブルゾール社を所有しており、世界中でオイル添加剤を製造および販売しています。 2019年9月26日、ルブリゾールが所有するフランスの大規模プラントに、小規模な隣室で発生した火災が拡大しました。
 その結果が多大な資産の損失であり、ルブリゾールの事業に大きな混乱が生じました。 それでも、ルブリゾールが受け取る大幅な保険金の回収により、会社の資産損失と事業中断損失の両方が緩和されました。
 しかし、故ポールハーヴェイが有名なラジオ放送で「これが物語の残りの部分です」と言うことを許されたとき。 ルブリゾールの最大の保険会社の1つは、ええと、バークシャーが所有する会社でした。
 マタイによる福音書6章3節では、「(施しをするときは、)右の手のすることを左の手に知らせてはならない。」と指示しています。皆さんの議長は教えを守りに明確に行動しました。

« ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2019(2)~利益を維持する力 | トップページ | ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2019(4)~損害保険 »

バフェットの手紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2019(2)~利益を維持する力 | トップページ | ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2019(4)~損害保険 »