無料ブログはココログ

最近読んだ本

« ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2019(6)~投資 | トップページ | ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2019(8)~取締役会のメンバー »

2020年4月28日 (火)

ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2019(7)~前方に開けた道

 30年前、私の中西部の友人であるジョー・ローゼンフェルドは、80年代に地元の新聞から苛立たしい手紙を受け取りました。率直に言って、この新聞はジョーの死亡記事で使用する予定の経歴データを求めてきました。ジョーは返答しませんでした。 そうれで1か月後、彼はこの新聞から2通目の手紙を受け取りました。この手紙には「緊急」というラベルが付いていました。
 チャーリーと私はかなり以前前に緊急状態に突入しました。それは、私たちにとってまさに良いニュースではありません。 しかし、バークシャーの株主は心配する必要はありません。皆さんの会社は私たちの退職のために100%の準備ができています。
 私たち2人は、5つの要素に基づいた楽観主義でいます。まず、バークシャーの資産は、すべてまたは部分的に所有されているさまざまな企業に配備され、平均すると、彼らが使用する資本から魅力的な利益を得ることができます。第二に、バークシャーの「管理された」事業を単一の事業体の中に配置することにより、重要で永続的な経済的利点がもたらされます。第三に、バークシャーの財務は、会社が極端な性質の外部衝撃に耐えることができる方法で確実に管理されます。第四に、私たちは、バークシャーを運営することが、高額な報酬や名誉ある仕事を持っているというだけではない動機を有する、熟練した献身的なトップマネージャーを抱えています。最後に、バークシャーの取締役(皆さんの保護者)は、株主の福祉と巨大企業の間では珍しい文化の育成の両方に常に焦点を合わせています。 (この文化の価値については、ラリー・カニンガムとステファニー・キューバの新刊である「Margin of Trust」で紹介されています。この本は、年次会議で入手できます。)
 チャーリーと私には、引退した後でも数年間、バークシャーの繁栄を保証したいという非常に実利的な理由があります。マンガーズにはバークシャーの持ち株があり、家族の他の投資のいずれにも匹敵します。バークシャーの株式には、純資産の99%が蓄えられています。私は株式を売却したことがなく、売却する予定もありません。私のバークシャー株の唯一の処分は、慈善寄付とマイナーな個人的贈り物を除いて、1980年に行われました。1969年に購入し、1980年に銀行持株会社法の変更のために手放す必要がありました。
 今日、私はその遺言執行者、および遺言状の閉鎖後に不動産の管理を引き継ぐ受託者にバークシャー株を売却しないよう具体的に指示します。私はまた、執行者と受託者の両方を、明らかに資産の極端な集中となるものを維持する責任から免除します。
遺言は、執行者(そして、時には受託者)に毎年、私のA株式の一部をB株式に変換し、次にB株式をさまざまな財団に配布するよう指示することになります。これらの財団は、助成金を迅速に展開する必要があります 結局のところ、私が亡くなったときに保有しているバークシャーの株式全体が市場に移動するには、12年から15年かかると私は推測しています。
 バークシャーのすべての株式が予定された配布日まで保持されるという私の遺言の指示がない場合、私の執行者と受託者の両方にとっての「安全な」コースは、バークシャーの株式を一時的な管理下で販売し、その収益を配布の予定日と一致する満期の米国財務省証券に再投資することです。この戦略により、受託者は、公の批判や「慎重な人間」の基準に従って行動しなかったことに対する個人的責任の可能性の両方から免除されます。
 私自身は、バークシャー株が処分期間中に安全でやりがいのある投資を提供することを確信しています。出来事が私を間違っていると証明する可能性は常にあり、その-可能性は低いですが、無視することはできません。しかし、私の指示は、従来の行動方針の結果よりもはるかに多くの資源を社会に提供する可能性が高いと私は信じています。
 私の「バークシャーのみ」の指示の鍵は、バークシャーの取締役の将来の判断と忠実さへの私の信頼です。それらは定期的に有料のウォールストリート担当者によってテストされます。多くの企業では、これらのスーパーセールスマンが勝つかもしれません。しかし、私はそれがバークシャーで起こることを期待していません。

« ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2019(6)~投資 | トップページ | ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2019(8)~取締役会のメンバー »

バフェットの手紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2019(6)~投資 | トップページ | ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2019(8)~取締役会のメンバー »