無料ブログはココログ

最近読んだ本

« ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2019(5)~バークシャー・ハサウェイ・エナジー | トップページ | ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2019(7)~前方に開けた道 »

2020年4月27日 (月)

ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2019(6)~投資

 以下に、年末時点で最大の市場価値を有する15の普通株式投資を挙げます。バークシャーは連結の一員であるため、当社のクラフト・ハインツ保有(325,442,152株)は除外されているため、この投資を「持分法」に計上する必要があります。バークシャーの貸借対照表では、クラフト・ハインツの株式GAAPの数字では138億ドルで、これは2019年12月31日現在のクラフト・ハインツの監査済み純資産に対するバークシャーのシェアを表しています。ただし、その日の株価はたったの105億ドルでした。
 チャーリーと私は、上のリストで詳述した2,480億ドルをティッカーシンボル(株式市場で上場企業や商品を識別するため付けられる符丁)の集まりとは見なしません。「ザ・ストリート」による格下げ、予想される連邦準備制度の動き、政治的発展、経済学者による予測、その他の理由、例えば“はやり”によるもの。
 私たちの持ち株で見るのはむしろ、私たちが部分的に所有しており、加重ベースで、その事業を運営するのに必要な正味有形株主資本の約20%を稼いでいる企業の集まりです。これらの会社はまた、過剰なレベルの負債を使わずに利益を上げています。
大規模で確立されたわかりやすい事業によるその注文のリターンは、いかなる状況においても注目に値するものです。 過去10年間で多くの投資家が債券を受け入れているというリターンと比較すると、彼らは本当に驚きです。たとえば、米国.財務省長期債券は30年で2.5%以下です。
 金利の予測はゲームなどではありません。チャーリーと私は、来年、10年あるいは30年の平均金利がどうなるかわかりません。私たちのおそらく僻んだ見方は、これらの主題について意見を述べる専門家は、そのまさに行動によって、未来について明らかにするよりも自分自身についてはるかに多くを明らかにすべきということです。
 私たちが言えることは、今後数十年で現在の金利に近いものが勝ち、法人税率も企業が現在享受している低水準に近いままである場合、長期的には株式が長期的に固定金利の債務証券よりはるかに良好に機能することはほぼ確実です。
 そのバラ色の予測には「明日株価に何かが起こる可能性があります」という警告が付いています。場合によっては、市場で大幅な下落が発生する可能性があります。しかし、昨年の手紙で書いた「アメリカの追い風(The American Tailwind)」とスミス氏によって説明された複雑な驚異の組み合わせにより、借金を使用せず、自分の感情をコントロールできる個人にとって、株式はより長期的な選択になります。 その他? 注意してください!

« ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2019(5)~バークシャー・ハサウェイ・エナジー | トップページ | ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2019(7)~前方に開けた道 »

バフェットの手紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2019(5)~バークシャー・ハサウェイ・エナジー | トップページ | ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2019(7)~前方に開けた道 »