無料ブログはココログ

最近読んだ本

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月30日 (金)

伊藤亜紗「手の倫理」

11113_20201030230001  手で感じるのは触覚で、これを表わす日本語の動詞は「さわる」と「ふれる」の二語がある。両方とも「触」の字があてがわれ、英語では「touch」と訳される。例えば、怪我をした時に傷口に「さわる」というと何だか痛そうな感じがする。しかし「ふれる」というと手当をしてくれそうな感じがする。「ふれ」あいという言葉はあっても、「さわり」あうというのはわざとらしい。そこに、「ふれる」一方的で物的なかかわり、「ふれる」には相互的で人間的なかかわりというニュアンスの違いがある。英語に代表されるヨーロッパ系の「touch」は物に対する触覚が中心で、視覚の構造、つまり、主体が離れた対象を感覚するという一方的な関係の、対象との距離が接触というゼロというもの。それゆえか、感覚としては視覚よりも下等な感覚に位置づけられる。そこには「ふれる」の意味合いはほとんどない。そこで、著者は、とくに「ふれる」に焦点を絞っていく。実際のところ、相手に触れるというときには、暗黙で相手はふれることを拒否していないことが前提されている。そこで「ふれる」ことが可能となるには、相手との信頼が暗黙のうちに前提されている。それは、接触は容易に相手を傷付ける暴力に変わりうるリスクを伴うから。だから、信頼をするには、それなりの決意を伴う。それゆえに、「ふれあい」は親密さを得ることが可能となる。この「ふれあい」というには主体が対象へという一方性ではなく、どちらが主体か対象かという垣根が消失する。主体という垣根がなくなるのは、共鳴とかいうように相手との融合するような感じがうまれる。ただし融合という名詞化された状態ではなく、「ふれあう」という動作を相互にアクションを交わしている。これは、主体と客体という固定枠がなくなって絶えず動いているという、流動的でかたちのない曖昧になる(その端的な例はセックスの融合感、一体感ではないか)。そういう曖昧な感覚、関係、あるいはコミニュケーションも手でふれるということに表わされているのではないか。それがまた、日本語に独特の「ふれる」という言葉。これは、例えば河合隼雄の言う「あいまい」という概念に通じるが、西洋哲学の認識という枠におさまらない、人の周囲との関係の発見がある、知の新しい地平を開いていると思う。そう思うと、「見る」ということが、いかに制約されたものであるかということ、普段の私がいかにそれに縛られているかということが、分からせられてしまう。

2020年10月26日 (月)

若松英輔「不滅の哲学 池田晶子」

11113  哲学とは、学業や学科の名称ではなく、哲学者という職業学者の学説で学習する対象ではない。池田晶子という人は、哲学という学問ではなく、叡智(sophia)を愛する(philo)という本来の意味のフィロソフィを実践しようとした人だと思う(哲学者なんて、本当は、みんなそうで、カール・マルクスが書いた著作の内容とマルクス主義とは全くの別物だ)。それゆえに、池田のことを論じようとしても、学問的体系が整っていたり、学説として明確な形態をもって池田の考えたことはこうだと手際よく概説することは難しい。著者は、そこで、あえて池田の思想はこうだという書き方はしていない。ではどうしたか、正面から攻めることを避けて、搦め手から、読む者に池田が考えを実践するイメージを喚起させようと、池田の語る言葉をひとつひとつ取り上げ、エッセイのようにその都度語ることを試みる。したがって、この著作については、このようなことが、このように論じられているという概説することはできない。だから、この著作で試みられた方法は、池田の方法そのものを使っているといえる。それは何も池田に限ったことではなく、プラトンの対話編に表われているソクラテスの産婆術といわれる対話が、自身の学説を主張するというのではなく、相手と対話しながら考えるというものが、そうだ。だから、著作を読んで、その内容を情報として取得するという読み方ではなく、考えということが、この著作の読みとなるのだと思う。だから、内容は頭の中に残っていない。

 

 

2020年10月19日 (月)

三浦佑之「神話と歴史叙述」

11112_20201019224001  古代大和王朝が白村江の戦で唐に大敗して、防衛を固めるために、国家体制を強化する必要に迫られ、そこで導入したのは中国の中央集権体制であった。その制度の根幹は法としての律令をベースとした現実の統治機構と権力の正統性を保証するための歴史としての史書だった。つまり、国家というのは、権力としての法(律令)と幻想としての歴史を車の両輪としてもつことによって、安定した持続が可能となる。この両輪は互いに支え合うことによって機能する。権力を補完するためにはそれに寄りかかろうとする幻想が必要であり、その幻想は、始まりの正統性を保証する神話とそこから今へと続く歴史によって共同化される。それゆえに、歴史は事実の集積である必要はなく、権力を支える幻想、敢えて言えば物語でよかった。そのお手本が中国の史書、例えば漢の正史である「漢書」や隋の正史である「隋書」だった。それを真似て編纂しようとしたのが日本の国の正史としての「日本書」だった。ちなみに中国の正史は皇帝を綴った「紀」、国家を支える制度や支配する地方の記録である「志」、そして功績のあった臣下たちの物語の「伝」の三点セットで構成される。しかし、「日本書」は天皇の事績を編年体で記録した「紀」しか完成しなかった。「日本書」の「紀」しかできなかったので、それを続けて「日本書紀」と後世に残されたという。本来なら「日本書志」と「日本書伝」が揃って「日本書」が完成するはずが「日本書紀」しかできなかった。それが先例となって「日本書紀」に続く六国史が正史として編纂された。
 これに対して、「古事記」は「日本書紀」に対しては、反正史ともいえる立場をとるものといえる。「日本書紀」の編年体、「古事記」の紀伝体といわれる。この紀伝体というのは個々の伝承の独立した記述が寄り集まって大河小説のようになっている。そこには編年体のような絶対年代でとくていされる歴史の流れはなく、伝承は「昔々」でいっしょにされ、そこには現在と過去の断絶はなく伝承で語られる人とその語りを聞く人が同じ次元を共有する。「古事記」は「日本書紀」で語られる歴史の構造の破壊者と言ってもよい。
 この二つの相矛盾するよう書物を古代大和王朝は、相次いで編纂した。そう考えると、日本の歴史の構造というのは、単純な系統の流れと考えられていなかったと言えると思う。こじつけかもしれないが、今、復古的な史観と自虐史観とは対立的にとらえるのではなく、それを相対立するものが同時にありうる構造として日本の歴史を捉えるというのを古代の史書は試みていたのではないかと思った。だって、日本の歴史は幻想でいいのだから。

 

2020年10月15日 (木)

ジャーニー「フロンティアーズ」

11112_20201015214801  1970年代終わりごろ、ロンドンとニューヨークでパンク・ロックと後に言われるバンドたちの活躍が目立ち始めた。当時の欧米の不景気が低所得者層に厳しい状況となったという社会状況と、ロックの音楽的進化が低所得層の若者がノレる、思いを託せる単純さや活力を失って、他方で商業化されたという音楽状況に対するアンチの動きと解釈できる。そのパンクはニューウェイブへと連なっていくが、他方で、アンチにされた従来のロックの中でも、ハード・ロックやプログレッシブ・ロックの要素を巧みに採り入れ、大音量で多数の聴衆を動員するライブをして、大袈裟なアレンジで大仰に盛り上がり、類型的なメロディで聴き易い、まるでマーケティングして、若者の時にロックに親しんだ世代が大人になって購買力がある人々の生活の中で親しみやすいという特色の巨大なセールスを上げたバンドが現われた。それらを総じて、当時の”ロッキング・オン誌”の渋谷氏が産業ロックと呼んだ。その呼称には揶揄が多く含まれていた。ジャーニーはその代表的なバンドとされた。1983年にリリースされた8枚目のアルバムで、彼らの最も勢いのあった時期のアルバム。最初の「セパレート・ウェイズ」は、そういう皮肉の眼を跳ね飛ばすような自信と気合のこめられたナンバーで、今でも、テレビドラマやショーのBGMで効果的に使われるので、どこかで聴いたことがあると思う人もいるだろう。ギターのニール・ショーンはサンタナと張り合った天才少年だった輝かしい実績の才能を発揮し泣きのギターをキメ、ボーカルのスティーブ・ペリーは広い声域の澄んだ声を聴かせ、バラードでは、しっとりと歌い切る。言ってみれば、文句のつけようのない。けれど、パンクの側から見れば、挑戦的でないんだよねっていうことになるのだけれど、ひとつの到達点であることは確か。ジャーニーは前作の「エスケイプ」というアルバムからは、多数のシングル・ヒットが生まれている。この2点が代表作ではないかと思う。

2020年10月13日 (火)

加藤陽子「それでも、日本人は「戦争」を選んだ」

11112_20201013202201  今、話題の日本学術会議に推薦されて任命を受けなかった6人の学者のうちの1人。19世紀列強のアジアへの侵略が進むなかで独立を守り、近代化を戦略的に進めてきた日本が、20世紀には軍国主義にはしり無謀な戦争に突入していくのを、止められなかったのかを問い続けている歴史家。第1次世界大戦への深刻な反省もあって、理性では戦争は割に合わないという考えが広まったにもかかわらず、敢えて悲惨な戦争に飛び込んでいったのは、不条理であり、そこに理性でははかりきれないものが働いていたのではないかという視点で、丹念に事実を拾い上げていく。そこで現われてくるのは、教科書に記述されているような分かりやすいストーリーではなく、当時の世界や国内の指導者やフロントの当事者たちには、どのように物事が見えていたか、そこで現われる選択肢を見つけていくと、決して教科書のようなストーリーではないということ、そういうものとして歴史を分かったふりをしてしまうと自己欺瞞に陥ってしまうことを、事実として呈示している。というよりも、著者がこの中の議論で自身がその可能性を見出していくのを読者に隠すことなく露わにしてくれるところは感動的。
 このような著作を業績として残している歴史家のどこが、「総合的、俯瞰的な活動を確保する観点」で問題があるのか、著作を普通に読んでいて、そういうことに思い至るということが疑問に思える。

 

2020年10月 8日 (木)

柳父章「日本語をどう書くか」

11112_20201008190501  タイトルから想像するような文章入門の類ではなく、比較文化論の視点から、日本語の「書き言葉」を分析したもの。日本語には「話し言葉」と「書き言葉」があって、実は、この二つはまったく別の言葉なのだという。「書き言葉」というのは、古くは漢文の訓読文、新しくは英訳文と、綿々と続く翻訳文化によって成立してきた「人工言語」であるという。たとえば現代日本人が当然のように使っている句読点や段落は、近代に西欧語の表記法の影響を受けて新しく取り入れられたもので、本来の日本語文はひとつなぎに表記するのが一般的だった。現代日本人にとっての「アタリマエの日本語」が、いかに不自然なものであるかを教えてくれる。それは、日本語への翻訳の特殊事情に由来する。例えば、フランス語から英語への翻訳という場合は、ヨーロッパ系言語のおなじ言語文化の土台の上で、言葉の言い表しの置き換えで済んでしまう。それに対して、英語を日本語に翻訳する場合、例えば「society」とかもともと日本にない概念を日本語にしなければならず、そこで既成の日本語に置き換えると本来の意味が伝わらない。そこで、日本語にない概念を理解してもらうために、既成の日本ではない人工的な言葉を便宜的につくった。それが「書き言葉」で、それが直訳ということを可能にし、意訳ほどの手間がかからないため、効率的に大量の翻訳を可能にした。しかし、「話し言葉」と「書き言葉」という二つの言語が存在する二重構造が、日本文化に影響を与えたという。例えば、「書き言葉」は「タテマエ」を語り、「ホンネ」は「話し言葉」でかたる、というように言葉の二重構造に結びつく。日本語の常識を疑う刺激的な一冊だと思う。  日本語への翻訳の特殊事情、例えば、フランス語から英語への翻訳という場合は、ヨーロッパ系言語のおなじ言語文化の土台の上で、言葉の言い表しの置き換えで済んでしまう。それに対して、英語を日本語に翻訳する場合、例えば「society」とかもともと日本にない概念を日本語にしなければならず、そこで既成の日本語に置き換えると本来の意味が伝わらない。そこで、日本語と外国語の間にもうひとつの日本語ともいうべき翻訳用の人工的な言語をつくった。古くは漢文訓読で、漢文という外国語を訓読という文字の順序をひっくり返したりして日本語読みにしてしまう。これが明治以降の外国語の翻訳にも応用され、言葉の順序をひっくり返し、「てにをは」をつけて。ほとんど原文の一語一句を拾い上げるよう、それが直訳。これは外国語を一応理解するための効率的な方法で、原文の意味はよく分からなくても、とにかく辞書さえあれば、日本文を作ってしまえる。あるいは単語を置き換えなくてもカタカナ言葉(例えば、イノベーションとか)をそのまま日本文に当てはめてしまう。そこで、先進の外国語による情報を取り込むことができた。その結果として、これだけ外国語に対して異質で、翻訳に手間がかかるにもかかわらず、日本語に翻訳された文献が豊富に存在している。それほど、外国語を翻訳して受け容れているのに、ほとんどの日本人は自分たちの文化の独自性について強い確信を持っている。普通に考えれば二律背反なのに、その二つを並立させている。それに、翻訳用の日本語、つまり「書き言葉」と、「話し言葉」の日本語が対立しつつ、併存しているということによる。それは、例えば日本に長く住みついて、日本に好意を持っている外国人が、日本人は親切で、歓迎してくれるが、一定の線を越えた付き合いには立ち入らせないという感想を洩らすことに反映している。  下手くそな文章の典型のひとつが「~が~が」と終わりそうで終わらずダラダラ続く文章。しかし、もともと日本語の話し言葉の文末は、「ですが」とか「だけど」のように中途半端に終わり、終わりを相手にあずけて、明確な終止形をとることがない。あるいは源氏物語を読んでも、文章は終止形をとらず、しかも主語が複数あったり、入れ替わったりしてだらだら続く。古典の昔の写本を見ると句読点がられないのだ。実は、句読点をうって、文章を簡潔にして言い切りの形で終止させるというのは、明治以降のヨーロッパ言語の翻訳が進められる中で、これらの言語のsentenceという文章の構造が日本語に導入されたことで生まれたものだという。もともと、日本語には、主語を明確にさせて動詞をつけて文章を言い切りの形で関係させて、メッセージを明確にするということはなかった。それがないと外国語の翻訳が出来ないとして、日本語にsentenceの構造を持ち込んだものだという。そういうシンプルで明確な文章を重ねて、その文章の相互の関係を接続詞や関係代名詞を介して明らかにする。それで論理を構築する。つまり、ヨーロッパ言語のロジックを日本語にすることが、ここで可能になった、と私は、この本を読んでいて思った。そういうsentenceを導入した近代の文章が言文一致体として、日本語の文章の構造を変革させた。そして、文法が生まれた。

 

2020年10月 4日 (日)

ジャズを聴く(52)~ソニー・ロリンズ「SONNY ROLLINS VOL.2」

Jazrollins_vol2 Why Don't I?
Wail March
Misterioso
Reflections
You Stepped Out Of A Dream
Poor Butterfly

 Sonny Rollins (ts)
 J.J. Johnson (tb)
 Horace Silver (p)
 Thelonious Monk (p)
 Paul Chambers (b)
 Art Blakey (ds)

 煽るブレイキー。この勢い溢れる焚きつけっぷり。これによって煽られまくったロリンズは、一音でも多くの音を吹きたくて吹きたくてたまらなかったのだろう、ドラムスとの4小節交換の箇所など平気ではみ出しまくっているし、このはみ出しっぷりが逆に演奏にものすごい推進力を生みだしている。しかも、ロリンズだけではなく、冷静な印象の強いトロンボーンのJ.J.ジョンソンも音の速射砲さながらに丸太い音を連射する。ブレイキーに煽られてか、はたまたブレイキーに煽られたロリンズに感化されてか、とにもかくにもJ.J.もノリノリ元気。この豪快な勢いで燃え盛る炎に向けて、もっと燃えろとばかりに火をくべ、団扇で煽りまくるのが、名手ホレス・シルヴァーのピアノと、ポール・チェンバースのベース。こうなると、ロリンズの快進撃は止まらない。そこに乱入する、セロニアス・モンク。
 最初の「Why Don't」。メンバー全員が一丸となったテーマ吹奏が、いきなり強烈で、この冒頭のトゥッティのキメの短いリフを随所の節目節目に折り込みながら、最初からロリンズのソロは全開に縦横無尽に暴れるように豪放に吹きまくる。続くJ.J.ジョンソンが冷静ながら、テンポとテンションを落とさないでいると、背後からアート・ブレイキーのドラムが迫るように煽る。しかし、これは最初の小手調べ。次の「Wail March」アート・ブレイキーが十八番のマーチドラミングのイントロで一発カマしてから、力強いテーマが始まり、すぐさま高速4ビートで J.J.ジョンソンがスーパーテクのアドリブを聴かせる。しかも背後ではアート・ブレイキーが襲い掛かるように煽る。続くロリンズは、最初からブローを繰り広げる。ここでのロリンズは吹きたくてしょうがないという風情。3曲目の「Misterioso」では、セロニアス・モンクが乱入して、なんと1台のピアノをホレス・シルヴァーとセロニアス・モンクの2人が弾いたという。曲はモンクのオリジナルで、最初セロニアス・モンク自身がピアノでミステリアスなメロディをリードし、ホーン隊が加わっての合奏から、ロリンズが全く異質なフレーズで乱入しムードを描き回しているのに、ちゃっかりバックでモンクがリードしている、この2人の駆け引きは凄い。続く、ピアノ・ソロはモンクで、ロリンズに輪をかけて異質なフレーズをぶち込んで、コードワークは大混乱の様相のはずなのに、といっているうちにピアノの調子が変わり、ぐっとファンキーに。しかし、よくもこんな脈絡のない展開にリズムをつけられると感心しているうちにロリンズのソロとなってハード・バップ調になんとも閉じた後、モンクのピアノが最初の調子に強引に持って行って、本当に終わったの?次の「Reflections」のモンクのオリジナルで、モンクのピアノから始まる。ロリンズがメロディを朗々と吹いてアドリブのオカズを広げていくと、モンクはそのメロディの情感をはぐらかすようなピアノで、そこにアグレッシブに切れ込むロリンズのサックス。これがスリリング。スローバラードなのだろうけれど、このスリルと緊張はただ事ではなく。先の予想がつかない。次の「You Stepped Out Of A Dream」では、明らかにモンクとは違うホレス・シルヴァーのファンキーなピアノが、なんと安心を誘うのだろう。そこから、軽快なテンポでハード・バップなアドリブをロリンズが快速にとばす。最後の「Poor Butterfly」はテンポをおとしたミディアム・ナンバー。これも凄い演奏なのだけれど、モンクの乱入の次元の異なるプレイから、ようやく安心して終わることができた、というところ。

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »