無料ブログはココログ

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

2021年7月

2021年7月27日 (火)

西行の歌を読む(11)~春風の花を散らすと見る夢はさめても胸のさわぐなりけり

   夢中落花と云事を、清和院の斎院にて人々よみけるに
  春風の花を散らすと見る夢は さめても胸のさわぐなりけり
 この歌について、小林秀雄は“私達の胸中にも何ものかが騒ぐならば、西行の空観は、私達のうちに生きてゐるわけでせう。まるで虚空から花が振って来る様な歌だ。厭人も厭世もありはしない。この悲しみは生命に溢れてゐます。この歌を美しいと感ずる限り、私達はめいめいの美的経験のうちに、空即是色の教へを感得してゐるわけではないか。(小林秀雄「私の人生観」)”と書いている。この小林の言葉をもとに山本幸一は、落花の風景に魅せられた耽美の体験が、覚醒した者の胸に鼓動している。そういうことを受け入れ、のびのびと詠嘆する。そういう高い境地の歌だと言います。その風景は情緒をふるえさせるとともに、知恵を目覚めされる。そして再び心情のさやぐ風景へと高められていく。詩心と思念との融合によって達成されたひとつの境地だと言っています。しかし、このような表現の境地は、なにも西行の独創というのではなく、春─花─散る─夢というような符号、連想の系統が和歌表現の伝統として存在していたと言います。
 例えば『万葉集』の山部赤人の歌
  春の野にすみれ採みにと来しわれそ野をなつかしみ一夜ねにける
 そして、『古今集』では紀貫之の歌
  春の野にわかなつまむとこしものを ちりかふ花にみちはまどひぬ
  やどりして春の山べにねたる夜は 夢のうちにも花ぞちりける
 『古今集』では上記の二首がひとつづきに並んで収められていて、制作年代も詠まれた場所も別々のこの二首が時間的に場面が進行するような情趣の流れが感じられるように構成されています。『万葉集』の山部赤人の歌の「すみれ」は、紀貫之の歌の「わかな」に引き継がれ、赤人の歌では生活の一部であったすみれ摘みは、紀貫之の歌では、平安時代の貴族社会では行事として形式化つれ、しかも季節の循環を区切る行事の世界から埒外に脱け出た個人の情感が「ちりかふ花にみちはまどひぬ」という表現に表われています。さらに、「夢のうちにも」という甘美な情趣に身も心もつつまれた表現に至るのです。
 西行の独自性とは、この伝統に思念の裏付けを加えたことだと言います。「さめても胸のさわぐなりけり」という表現は、夢の中にまどろんでいることから脱け出して、目覚めているわけです。そこでは趣向ということに留まっていないというわけです。
 ここで、この歌の詞書を見てみましょう。「夢中落花と云事を、清和院の斎院にて人々よみけるに」というのは、この歌は夢中落花のテーマで、人々が集まったところで詠まれたというもので、実際に夢を見ていたというのではなく、そういうことを観念として詠んでいるという歌です。また、詞書の「清和院の斎院」というのは待賢門院の皇女の上西門院(統子内親王)というひとで、西行の憧れの女性と言われる待賢門院を偲ばせる美しい女性だったと言われています。そのサロンで詠まれたということは、夢中落花を今は亡き待賢門院を夢に見るということと重ね合せて、この歌の「さめても胸のさわぐなりけり」を待賢門院を夢に見て、胸が騒ぐという物語を起こすという読みもできる可能性もあるので、西行は、そういう読まれ方も考えていると、私には思います。私には、そういう意図的なところ、ある意味ケレンに近いところが、後の世の現代の私のような人間にとっての親しみ易さになっていると思います。

2021年7月16日 (金)

若松英輔「小林秀雄 美しい花」

11112_20210716203101  同じ著者の井筒俊彦や池田晶子の評伝がよかったので、苦手の小林秀雄について何かのとっかかりを掴めないかと一抹の期待を抱いて手にしたのだったが、この著者をもってしても小林は手強かったというところか。小林の文章のなかから、精神とか魂といったような語句が散りばめられているとこをアトランダムにピックアップして並べて、それらに小林の伝記的エピソードを付加して、尤もらしいものがたりを作るのが精一杯だったように思う。
 私のころは、小林秀雄は大学入試の現代文の問題で使われることの多い作家で、近代的な批評家の草分けとして権威のある作家だった。それで文庫本になっていた著作を何冊か読んでみたが、評論であるはずなのに、論理の筋道がなくて、何を言いたいのかという内容が、突っ込めば突っ込むほど分からなかった。例えば、代表作といってもいい「モォツァルト」は、有名な街中の通りをブラブラ歩いていて突然頭の中に交響曲40番が鳴り響いたという小説のようなエピソードが小林の個人的な語りで、モーツァルトの音楽とどう関係するのか混乱するばかり。弦楽五重奏曲に対して“疾走する哀しみ”という有名な形容をするが、それがどういうことか内容は分からず、曲のどういうところをどのように聞くと、そういう形容が出てくるのかの説明は一切なく、“疾走する哀しみ”という尤もらしいレッテルに自身の触発されるように主観的な思いが綴られる。その結果モーツァルトの音楽はどうでもよくなる。そうなると、小林と同じように“疾走する哀しみ”と感じられなければ、その批評についていけなくなる。そこで、ついていけなければ、文章が理解する力が足りないとか、モーツァルトが分からないと同義ということになる。私には、小林は、自分はどのようにモーツァルトを捉えようとしているのか客観的に見ようというような厳しさのようなものが欠如しているように見える。
 この著者は苦労して、小林の詩的精神を称揚しているようだが、私には、その著述に穴が見えてしまうことから、却って小林の欠如した印象を強くしてしまった。でも、そういう小林の亜流というか、追随者で権威のようになっている人が少なくない。例えば吉田秀和とか。

2021年7月10日 (土)

マルセル・プルースト生誕150年

11112_20210710171901  7月10日、マルセル・プルーストの生誕150年になるという。
 学生時代には、『失われた時を求めて』全編の翻訳がなかった。あったのは、世界文学全集に抜粋があった程度で、しかも、そのあまりの長編ゆえに数名の翻訳者が手分けしたもので、途中で文体が変わったりして、読みにくいことこの上なかった。しかも高価だったので、学生には手が届かなかった。就職して、しばらくして筑摩書房でプルーストを専門にする仏文学者による全集の翻訳が始まった。第1回の配本が『失われた時を求めて』の第1章で、社会人となっていたので高価な本でも買って読むことができた。そのあと、配本のたびに10巻が、その小説で、通読するのに4~5年かかったと思う。何とも長大な小説で2段組みページに細かい字がびっしり詰まっていて、小説の冒頭の100ページ近くが、未だ少年の頃の主人公がベッドに入ってママンがお休みのキスをしてくれないということを延々と、くどくどと述べるというので、それで脱落する人が多い。さらに、この作家に独特の文章の癖が、以上に長いセンテンスで、ねちねちくどくどした、婉曲を駆使した言い回しを多用して、まどろっこしいことこの上ない。そこを過ぎると「スワンの恋」で一気に物語に没入できるし、独特の文章も慣れてくると、その文章ではじめて表現できる微妙なニュアンスというか物語の綾が味わえるし、あとは次の配本が待ち遠しくなったものだった。ただ、「スワンの恋」なんかもそうなんだけれど、予備知識があって、注意深く読んで、独特の文章に込められたニュアンスを読み込めていないと、スワンの恋の相手が娼婦であったことが分からないし、スワンがユダヤ人で貴族のサロンの常連の裕福なブルジョワであることもあって、それが分かるか否かでは、この物語の悲劇性と滑稽さが味わえない奥深さがある。そういうと、難解な小説のように思われるが、そういう苦労をしても、読む価値のある小説だろうと思う。その取っ付きにくさ故に、20世紀最大の小説(たしかに長大さは最大だと思う)などという評判だけがひとりあるきして、あまり読まれないのは残念だと思う。ちなみに、かつて、大枚をはたいて購入した『失われた時を求めて』は、いまは、ちくま文庫になって、千円単位で買うことができる。個人的には、悔しい思いをしている。「あの時の金を返せ!」

 

2021年7月 6日 (火)

西行の歌を読む(10)~吉野山梢の花を見し日より心は身にも添わずなりにき

  吉野山梢の花を見し日より 心は身にも添わずなりにき
 吉野山の梢に咲く桜の花を遠くに見た日から、花に心が奪われ、心が身に添わなくなったと言う和歌です。これも、西行の歌に多い桜の花を詠んだ歌で、西行がどれほど桜に心惹かれていたかを示しています。
 桜の花を愛でる姿勢は、西行が追慕した能因や花山院、行尊といった人々にも共通するものだったと言います。例えば能因には
  桜咲く春は夜だになかりせば 夢にも物は思はざらまし
 花山院
  覚つかないづれなるらん春の夜 闇にも花を折りみてしがな
 行尊
  諸共にあはれと思へ山桜 花より外に知る人もなし
  というように、それぞれが桜への愛着を詠んだ歌があります。
ところで、西行の時代の桜は、現代の私たちが見慣れているソメイヨシノではありませ。んでしたソメイヨシノは江戸時代に末期に、江戸の染井という場所で品種改良されてつくられた新種だったのです。ソメイヨシノの特徴は一気に咲いて一気に散るという集団的な性格の強いもので、一本一本の樹の個性というのが稀薄であまり見られないところがあります。これに対して、西行が好んだ吉野の桜は、主に山桜で、開花も吉野山の桜が同時に一斉に咲くのではなく、それぞれの樹が別々に咲くという個性があって、それはまた、花の大きさ、色合い、数などがすべて違っているのです。
  吉野山去年のしをりの道変へてまだ見ぬ方の花を尋ねん
 という西行の歌は、去年とは違う山の奥にまだ見ないかもしれない桜を探して、桜を見尽くしたいと詠んでいて、そこには桜の個体差があるからこそ、違うということをヴィジュアルに詠むことができると言えます。それは、西行が吉野に庵を結んだり、何度も訪れたりして、実際に吉野の桜を見ていたから詠むことができるとも言えるのです。というのも、平安時代の吉野山は、山岳信仰の霊地として、めったに人を近づけなかったのです。そこは険しい行者道や杣道が細々と通っているだけの険阻な秘境でした。だから、吉野の桜を和歌に詠むとしても、都の貴族には、実際に吉野山の桜を見ることは稀で、遠望するか、話に聞いたのを参考に詠むことしかできなかったと言えます。これに比べて、西行は、吉野山の桜の懐深く推参し、実際に花に埋もれて陶酔することができたからこそ、他の歌人にない、様々なヴァリエィションの桜の歌を創作することができた、と言えるのです。

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »