無料ブログはココログ

« 岡野友彦「院政とは何だったか~『権門体制論』を見直す」 | トップページ | 佐藤道信「〈日本美術〉誕生 近代日本の『ことば』と戦略」 »

2021年12月24日 (金)

渡辺浩「日本政治思想史〔17~19世紀〕」

11112_20211224222101  先日読んだ『明治革命・性・文明:政治思想の冒険』が面白かったので、同じ著者の著作。『明治革命・性・文明:政治思想の冒険』の前史を扱ったと言える。書名からは専門的な学術書のように見えるが、全然違う。著者も述べるように、専門知識を前提にしない一般向きに書かれた概説書になっている。とはいっても、無味乾燥な教科書ではない。17世紀から19世紀、ほぼ江戸時代から文明開化期までの、日本の政治思想をいくつかのポイントをあげて、それらを繋いで全体像を描いていく、そのポイントの選び方のセンスの良さと、各ポイントの描き方が単独で取り出しても面白く、本格歴史エッセーと呼ばれるべきものとなっている。
 伊藤仁斎、荻生徂徠といった儒者から海保青陵のような姿勢の経世済民の学者、福沢諭吉といった人たちの思想の概説は単なる紹介の域を超えて、彼らが時代の中で何を考えたかを活き活きと伝えてくれて、丸山真男の『日本政治思想史研究』ではさっぱり分からなかった仁斎の「愛」について、はじめてイメージすることができた。
 徳川幕府の統治体制というのは、強いパワーに裏打ちされた権力支配が安定し定着したもので、そのシステムが安定すると権力がいちいち指示しなくても、末端は権力の意向を忖度して自主的に随従するという、いわば「無為にして治まった」状態を生んでいた。そうなると権力は拡散し、各人は先例通りに動く、外見上は合意による統治の形に見えた。しかし、それが変革を試みたら、絶対と見えていた権力が、実は統治者の慣れによる受忍によって機能していたこと、いわゆる「裸の王様」であったことが暴露される。それがペリー来航と、その後のごたごたで明らかになり、そこから砂の楼閣が崩れるように、わずか15年で瓦解してしまった。だから、安定した支配体制の下では、権力にとって正統性は不可欠ではなく、それを保障する思想は切実に求められなかった。朱子学にしても武士道にしても、思想というのは趣味の域に留まるか、体制に反抗する人々が求めるものでしかなかった。それが、ペリー来航後に支配の安定が崩れると、それが切実なものとなって、例えば朱子学は西洋の文明をとり入れる下地として実体的な機能をもつものとなって、人々の行動の変化に関わっていくものとなっていった。それは、現代から見ると、江戸時代から朱子学は幕府のイデオロギーであったように見えてしまった(丸山真男の著作などは専ら、このような考えを補完するものと言えた)。思想家の事蹟や構想をただ並べただけの凡百の解説書のような思想史の捉え方をする、気楽な現代の思想史の捉え方に対して一石を投じるものでもあり、実はここで取り上げられている、仁斎も徂徠も宣長もそういう問題意識を強く持っていた人々で、彼らの方法論の根幹にかかわるものであったことは、著者が彼らに秘かに共感するところがあったのではないかと感じられる。
 また、上述のように、徳川幕府の統治体制というのは、強いパワーに裏打ちされた権力支配が安定し定着したもので、そのシステムが安定すると権力がいちいち指示しなくても、末端は権力の意向を忖度して自主的に随従するという、いわば「無為にして治まった」状態を生んでいた。そうなると権力は拡散し、各人は先例通りに動く、外見上は合意による統治の形に見えた。そんな体制でペリーが来航して開国を求めるという先例にない事態への対応を迫られた時、当時の幕府中枢である老中阿部正弘は諸大名に意見を求め、禁裏に報告した。幕府独断に人心がついてくるか自信がなかったから、禁裏も諸大名も合意したという正統性を求めたと言える。
他方で、権力の専横から議論による合意を儒学が後押しした。第一に賤しい民にも下問を恥じないのは治者の美徳であるということ、第二に自ら内面を「省察克治」しつつ「講習討論」することは学問・修身の基本であり、同じように広い一致をみた「公論」は「理」に適っている。これが五箇条の誓文の「広ク会議ヲ興シ万機公論ニ決スベシ」へと至る。
 明治政府の大日本帝国憲法による帝国議会は、西洋的な議会というより上記の五箇条の誓文に表わされた古い「公議」「公論」である面が強いという。そうなると、大日本帝国憲法を改正したことになっている日本国憲法による現在の国会は、帝国議会の場合と同じように、古い「公議」「公論」を引き継いでいることになる。つまり、欧米の議会で行われている議論とは違うものを求められているということになる。それは、問題提起を含んでいると思う。

 

 

« 岡野友彦「院政とは何だったか~『権門体制論』を見直す」 | トップページ | 佐藤道信「〈日本美術〉誕生 近代日本の『ことば』と戦略」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 岡野友彦「院政とは何だったか~『権門体制論』を見直す」 | トップページ | 佐藤道信「〈日本美術〉誕生 近代日本の『ことば』と戦略」 »