無料ブログはココログ

« ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2023(7)~2023年のスコアカード. | トップページ | 佐藤康邦「絵画空間の哲学─思想史の中の遠近法」 »

2024年3月 6日 (水)

ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2023(8)~オマハで何を?

 2024年5月4日に開催されるバークシャーの株主総会にぜひお越しください。ステージには、現在会社の舵取りにおいて主要な責任を負っている 3人のマネージャーが登場します。この3人の共通点は何だろうと思われるかもしれません。確かに似ていません。さらに深く掘り下げてみましょう。
 バークシャーで保険以外のすべての業務を統括するグレッグ・アベル氏は、あらゆる面で明日バークシャーのCEOになる準備ができています。彼はカナダで生まれ育ちました(彼は今もホッケーをしている)が、1990年代、グレッグは私からわずか数ブロック離れたオマハに6年間住んでいました。 その間、私は一度も彼に会うことはなかったのです。
 10年ほど前、インドで生まれ、育ち、教育を受けたアジット・ジェインは、私の家(私が1958年から住んでいる)からわずか1マイルほどのオマハに家族と一緒に住んでいました。アジットと妻のティンクにはオマハ人の友人がたくさんいますが、(再保険の活動の多くが行われる場所のため)ニューヨークに移住してから30年以上が経ってます。
 今年はチャーリーがステージから姿を消します。彼も私も、皆さんが5月の集まりで座る場所から約2マイル離れたオマハで生まれました。最初の10年間、チャーリーはバークシャーが長年オフィスを構えてきた場所から約800mのところに住んでいました。チャーリーも私も幼少期をオマハの公立学校で過ごし、オマハでの子供時代が子供時代が忘れがたいものとなりました。しかし、私たちが会ったのはずっと後になってからでした。(皆さんを驚かせるかもしれない脚注: チャーリーは、アメリカの45人の大統領のうち15人の下で生きました。人々はバイデン大統領を第46代と呼んでいますが、その番号付けでは、グローバー・クリーブランドは第22代と第24代の両方に数えられています。なぜなら、彼の任期は連続していなかったからです。アメリカはとても若い国なのです。)
 企業レベルに話を移すと、バークシャー自体は1970年に81年間住み慣れたニューイングランドからオマハに定住し、問題を後に残して新しい本拠地で開花しました。
 「オマハ効果」の最後の締め括りとして、バーティ――そう、あのバーティ――はオマハの中産階級が住む地域で幼少期を過ごし、数十年後、この国の偉大な投資家の一人として頭角を現したのでした。
 皆さんは、彼女が全財産をバークシャーに投資し、ただそこに座っていただけだと思っているかもしれません。しかし、それは真実ではありません。1956年に家庭を築いてから、バーティーは20年間経済活動に積極的に取り組み、債券を保有し、資金の1/3を公募投資信託に積み立て、株をある程度の頻度で取引しました。 彼女の潜在能力は注目されるませんでした。
 そして1980年、46歳のとき、バーティは兄からの強い勧めにも関係なく、ある決意をしました。投資信託とバークシャーのみを保持し、その後43年間、彼女は新たな取引をしませんでした。この期間中に、彼女は多額の慈善寄付(9桁の金額を考えてください)を行った後でも、非常に裕福でした。
 何百万ものアメリカの投資家が、彼女がオマハで子供の頃に何らかの形で吸収した常識のみを含む彼女の推論に従うことができたでしょう。そして、バーティはチャンスを逃さず、毎年5月にオマハに戻って活力を取り戻します。

***********

 そこで何が起こっているのでしょうか?オマハの水ですか?オマハの空気でしょうか?それは、ジャマイカの短距離走者、ケニアのマラソン選手、あるいはロシアのチェスの専門家を生み出したような、不思議な惑星現象なのでしょうか?AI がいつかこのパズルの答えを導き出すまで待たなければならないのでしょうか?
 オープンマインドでいましょう。5月にオマハに来て、空気を吸い、水を飲み、バーティとその美しい娘たちに「こんにちは」と挨拶しましょう。知るか?マイナス面はなく、いずれにせよ、楽しい時間を過ごし、大勢のフレンドリーな人々と出会うことができます。
おまけに、『Poor Charlie's Almanack』第4版も入手できるようになります。ぜひ手に取ってみてください。チャーリーの知恵は、私の人生と同じように、あなたの人生をより良いものにしてくれることでしょう。


これで、2023年の株主への手紙の翻訳を終わります。拙い訳にお付き合いいただき、ありがとうございました。

« ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2023(7)~2023年のスコアカード. | トップページ | 佐藤康邦「絵画空間の哲学─思想史の中の遠近法」 »

バフェットの手紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォーレン・バフェットの「株主への手紙」2023(7)~2023年のスコアカード. | トップページ | 佐藤康邦「絵画空間の哲学─思想史の中の遠近法」 »